本当にうまい店が探せるグルメサービスTERIYAKI

TERIYAKI’s THE BEST RESTAURANT 2017


「TERIYAKI’s THE BEST RESTAURANT 2017」

■「TERIYAKI’s THE BEST RESTAURANT 2017」について

全世界の旨いお店を熟知する食の賢人ことTERIYAKIST(テリヤキスト)が選ぶ独自の年間ベストレストラン。テリヤキストらが1年を通じてテリヤキ掲載店舗約2,000店舗の中から選出した最も美味しいお店、上位7店舗。その年によってテーマと店舗数は異なります。

■受賞店の選出方法について

2016年の対象期間中にテリヤキ掲載店として登録されている店舗が対象。各テリヤキストが選出した店舗を元に、テリヤキスト選考会を開き、どんなお店が最も注目度が高く美味しい料理を提供しているかを話し合い。(対象期間:2016年1月1日~2016年12月31日)

■2016年の総評

選出されたお店は全86店舗。お店のお料理が美味しいのは大前提の元、さらに影響力のある人からどんどん人から人への繋がりで輪が広がっていき、有名店且つ予約困難店へとなることに、SNSが拍車をかけたのが顕著に現れたあらわれていました。そういった意味で、2016年のテーマは「SNSによる拡散力」がキーワードとなりました。

最も多くのテリヤキストから支持を受け、且つSNS拡散力に長けていた店舗をGOLD、多くのテリヤキストから支持を受けた店舗をSILVERとさせていただきました。

GOLD受賞店舗

東麻布 天本』東京/寿司

2016年6月にお店を開いたばかりのお店『東麻布 天本』がGOLDを獲得。数々の名店で修行をした天本氏が繰り出す、独自の料理に魅了されること間違いなし。

木村郁美氏コメント「大将の情熱が伝わってくる。一品一品全ての料理に感動です。握りは勿論、つまみも秀逸です。」

小山進氏コメント「オープン初年度とは思えない成長ぶりに脱帽。末恐ろしい若手ベスト寿司職人。素晴らしい魚が新人 天本の所に集まる。魚屋さんからの信頼も厚いのも素晴らしいです。」

永田寛哲氏コメント「いきなりのミシュラン二つ星はダテじゃない。」

肉山の光山29氏コメント「開店半年で、爆発的なスタートを切りました。8席の争奪戦とそれ以降の握りだけのコース、どっちがお好み?」

 

SILVER受賞店舗一覧

緒方』京都/和食

洗練された食材の個性を引き出す京都を代表する日本料理の名店。京野菜を始め、全国から選りすぐりの食材を、長年培ってきた匠の技をもって独創性溢れる料理へ仕立てる様は圧巻。

田村勝也氏コメント「とにかく素晴らしいの一言です。」

永田寛哲氏コメント「本場京都の素晴らしい和食を堪能できます。」

 

Kimpai TOKYO』東京/創作料理

大阪から東京へ拠点を移した創作料理屋。シンプルな空間で頂く料理はどれも素晴らしい。

日本料理を軸とした、ジャンルにとらわれない様々なテイストのお料理と日本酒のマリアージュ(相乗効果)を愉しめるお店。

ミスターX氏コメント「大阪から殴り込みをかけた創作料理屋。発想の豊かな八寸が素晴らしいです。」

花千代氏コメント「コストパフォーマンスから考えると夢のような内容の創作和食料理。刺身も熟成させたものを2切れづつサーブするなど鮨屋的なところも。フレンチの手法も取り入れた料理でおまかせコースの流れも面白いです。」

 

 

銀座 しのはら』東京/和食

滋賀の名店が銀座に進出。篠原シェフが繰り出す料理の全てが驚きの連続です。

長らくの間滋賀県の名店として名を馳せていたが去年の10月、ついに東京銀座に進出。これまで名店で修行して研鑽を積んだ腕を存分に活かし、篠原さんならではのオリジナリティ溢れる感性を存分に日本料理として表現している。

木村郁美氏コメント「若さ溢れる情熱と確かな技術で将来性を感じるお店です!既に美味しいですが(笑)」

永田寛哲氏コメント「滋賀の名店しのはらが東京で食べられる幸せ。

 

鮨ノ蔵』北海道/寿司

変態という褒め言葉はこのお店のためにあるようなものです。

北海道の漁港などから直送した魚を熟成させて旨みを最大限に引き出し、さらに究極なかたちで提供しており、価格の安さではなく鮨のクオリティに魅力を感じるお店。

小浦場祥夫氏コメント「今年最大のブレイク店、奇想天外な仕事は変態鮨と呼ぶにふさわしい!」

木村郁美氏コメント「変態鮨という言葉を生み出した、本当に鮨への偏愛に満ちたお店で鮨の概念を覆されたお店です。」

 

にしぶち飯店』京都/中華

和食の名店『祇園 ささ木』で修行を積んだ西渕氏が作る中華料理は何度も訪れたくなる料理です。

有名割烹料理店で和食をの真髄を学んだ後に中華料理店を開店。和食の良さをふんだんに取り入れた中華料理をオリジナリティ溢れるアレンジをして提供している。

小山進氏コメント「和の素材仕込みを熟知した 西渕氏が作る料理は中華のジャンルを超えています。今年京都での食事を最も楽しくさせてくれたお店。彼のスペシャリティの焼豚と蜂蜜とブルーチーズのマリアージュは絶品。隠れメニューのグジラーメンは最強です!!」

本郷義浩氏コメント「『祇園さゝ木』出身の西渕さんが作る和テイストの中華は「牛肉」の使い方がうまく、脂好きの僕にもぴったりです。」

 

韓菜酒家 ほうば』大阪/韓国料理

韓国人のお母さまとイタリアン仕込みの息子・新井シェフの化学反応で起こす料理に脱帽。

野菜、魚介類を中心とした、身体に優しく食べて健康になることを韓国の家庭料理を、圧倒的な美味しさで味わえるお店。

齋藤茂氏コメント「独特の料理、定番の15種のナムルは美しく楽しめる。 アワビのおかゆ(リゾット) 、独特なチジミ、骨つきカルビの煮込み。ありそうで無い独自のほうばワールド。」

堀江貴文氏コメント「骨つきカルビの唐辛子煮込みのソースが最高です。何杯でもご飯が食べれます。」

 

 

選出店舗一覧

猪口由美推薦店舗-

田ざわ』北海道/てんぷら

「枠にとらわれない天ぷらとはまさにこのこと。シメの蕎麦は絶品です。」

メゼババ』東京/イタリアン

「何度行っても飽きさせない料理を提供してくれます。」

mescita(メッシタ)』東京/イタリアン

「味覚にガツンと訴えてくる料理が魅力のお店です。」

BLAKES(ブレイクス)』東京/カレー

「何度でも通いたくなってしまう常習性のあるカレー。」

新ばし 星野』東京/懐石

「美しく繊細な京料理に感服です。」

 

~伊藤章良推薦店舗~

『前井食堂』北海道/食堂

「函館から車で一時間、メークイン発祥の地と呼ばれる厚沢部に一軒だけある食堂。昔ながらのカレーはホワイトシチューにカレー風味を加えたような思い出の味。」

『丁子庵』長野/蕎麦

「さすが小諸というべき蕎麦の店。東京では味わえないエッジの利いた断面は、そのままのどごしへの快感となって加速する。」

『Trattoria Pizzeria cucina italiana urugus (ウルグス)』神奈川/イタリアン

「民家のガレージを改装したという住宅街の隠れ家。 サッカー少年のようなシェフが作り出すイタリア料理は、トウキョウのフィルターを通さないダイレクトな味。とくにピッツァは都内随一かと思う。」

『串カツ一口』広島/串カツ

「串カツ田中のような大衆店でもない、ワインに合わせる「六角燈」のごとき高級店でもない、カツとは何かの真髄を体感できる店。優れた素材や調理法もさることながら、店の雰囲気や人柄、客層にも胸が打たれる。」

『市松』大阪/焼き鳥

「焼きの手法、サイズ、串の打ち方まで、こんなに他店と違う優れた焼鳥が大阪にあったとは、今まで知らなかったことを反省した。軟骨はないのかの問いに、うちで仕入れる鶏に軟骨がないんですとは、けだし名言。」

 

~大木淳夫推薦店舗~

TACUBO(タクボ)』東京/イタリアン

「豪快な薪焼と繊細な料理。店全体の完成度が高いです。」

sugahara(スガハラ)』東京/イタリアン

「しみじみ美味い料理とワイン愛に溢れたソムリエール。錦糸町新時代の象徴になるか。」

鮨一條』東京/寿司

「高い技術としっかりとした仕事。おまかせ全盛の時代でお好みOKとは非常にありがたいお店です。」

sincere(シンシア)』東京/イタリアン

「フレンチ受難の時代にあって連夜満席の予約困難店。ソリッドすぎない歌謡曲的センスに感服です。」

Falo(ファロ)』東京/イタリアン

「センスのいいイタリア居酒屋という、新しいコンセプトが食べ慣れた大人にはたまらない。」

 

~木村郁美推薦店舗~

銀座しのはら』東京/懐石

「若さ溢れる情熱と確かな技術で将来性を感じるお店です!既に美味しいですが(笑)」

東麻布天本』東京/寿司

「大将の情熱が伝わってくる。一品一品全ての料理に感動です。握りは勿論、つまみも秀逸です。」

すし匠 』ハワイ/寿司

「試練が多い中でも中澤節が炸裂したツマミと握り、何よりも鮨への愛に溢れたお店でお腹も心も幸せになる、これぞ外食の極み❗️なお店。」

鮨ノ蔵』北海道/寿司

「変態鮨という言葉を生み出した、本当に鮨への偏愛に満ちたお店で鮨の概念を覆されたお店です。」

Cristiano’s(クリスチアノ)』東京/ポルトガル料理

「言わずと知れたポルトガル料理のお店ですが、今年、満を持して訪れたら、何故もっと早く来なかったかと後悔したお店です。敢えて言わして頂くなら、こちらの佐藤シェフも畏敬の念を込めて変態です♬」

~口福ヤマトモ推薦店舗~

『趙楊』東京/中華

「超絶のテクニックの四川料理が楽しむことができます。」

近松』福岡/寿司

「完成度が年々上がっていて瑕の無い玉のような鮨です。」

『避風塘 みやざわ』大阪/中華

「広東広東料理一筋の凄腕職人の店一筋の凄腕職人の店。」

名山きみや』鹿児島/和食

「珠玉の鮨と日本料理に様々な種類の酒で合わせる。全てが高次元の桃源郷です。」

奴寿司』熊本/寿司

「長年独自の工夫を重ねて進化したスタイルの鮨。天草の名寿司店の筆頭です。」

 

~小浦場祥夫推薦店舗~

鮨 一幸』北海道/寿司

「極上素材の余韻に合わせた日本酒のグラスペアリングで膨らむマリアージュ!」

『鮨ノ蔵』北海道/寿司

「今年最大のブレイク店、奇想天外な仕事は変態鮨と呼ぶにふさわしい!」

『成生』静岡/天ぷら

「ここから地方天ぷらの新時代が始まる!」

『Tout la Joie(トゥ・ラ・ジョア)』愛知/フレンチ

「凄まじい手間暇、極上素材、自由な感性、唯一無二の存在。」

『照寿司』福岡/寿司

「極上の極みの食材にまみれる悦楽。まさに鮨会のディズニーランド☆」

~小山進推薦店舗~

bb9』兵庫/ダイニングバー

「飽くなき素材探究心。火入れの神。オープン以来年々進化を止めない坂井シェフから目が離せない。」

L’Effervescence(レフェルベソンス)』東京/フレンチ

「味覚の魔術師 世界を旅して発想する詩人の様な料理人の作品に感動。」

『東麻布天本』東京/寿司

「オープン初年度とは思えない成長ぶりに脱帽。末恐ろしい若手ベスト寿司職人。素晴らしい魚が新人 天本の所に集まる。魚屋さんからの信頼も厚い。」

Ristorante Due(ドゥエ)』兵庫/イタリアン

「ガストロバック(低気圧調理器)などを使いこなし昆布やカツオなどの旨味をイタリアンというカテゴリーにセンス良く取り入れる能力に脱帽。」

にしぶち飯店』京都/中華

「和の素材仕込みを熟知した 西渕氏が作る料理は中華のジャンルを超えている。今年京都での食事を最も楽しくさせてくれたお店。 彼のスペシャリティの焼豚と蜂蜜とブルーチーズのマリアージュは絶品。隠れメニューのグジラーメンは最強!!」

~齋藤 茂推薦店舗~

祇園ささ木』京都/割烹

「いつもの安定の味 最高の食だけでなく佐々木劇場というトークで美味しさが増す。 特に蟹チャーハンは、お米より蟹が多く、蟹ミソがコクを増す2月には絶品の味になります。」

鮨 嘉瑞』京都/寿司

「ここのマグロは最高。 色々な部位が7カン出てくるが、ネタの温度と赤酢のシャリが絶妙で、溶ける! ネタに合わせ、酢飯の塩分濃度を変えるので、その時々の素材がベストな状態で食べられる。」

『齋華』京都/中華

「基本的には四川だが、基本的な上湯などが丁寧に作られていて、それだけでも美味しい。 名物のアワビ麺は秀逸です。」

川口』京都/割烹

「6席だけの懐石。 鮎の扱い、アワビの炊き方、牡蠣のふっくら炊き ありそうで、ここでしか食べられない美味しさがある。」

『韓菜酒家 ほうば』大阪/韓国料理

「独特の料理、定番の15種のナムルは美しく楽しめます。アワビのおかゆ(リゾット) 、独特なチジミ、骨つきカルビの煮込み。ありそうで無い独自のほうばワールドです。」

~園山真希絵推薦店舗~

L’evo(レヴォ)』富山/フレンチ

「富山の金賛レストラン。とにかく誰かに伝えたいと今すぐ思える素敵なお店です。」

たきや』東京/天ぷら

「天ぷらの域を通り越した唯一無二の天才的天ぷら。日本が誇る天ぷら界のイチローです。」

十番右京』東京/和食

「一家に一台ならぬ、一日に一回必要な究極ごはん屋さん。魅惑的名物がありすぎる東京を代表する高級居酒屋です。」

二○加屋長介』東京/居酒屋

「中目黒にオープンした、うどん屋と居酒屋を超えた夢のうどん居酒屋。」

くろ崎』東京/寿司

「一品料理まで逸品な希望に満ちた秀寿司処。また行きたくなるお店の要素を全て兼ね備えたお店です。」

よろにく』東京/焼肉

「ニクすぎる美肉がシルクロードを駆け抜ける。焼肉の名店中の名店。」

Crony(クローニー)』東京/フレンチ

「心の琴線に触れる逸品が多い上に、感動と激動が終始続いた。園山真希絵の記憶に残るレストラン(2016年)」堂々一位に輝いた。」

~永田寛哲推薦店舗~

『くすのき』愛知/天ぷら

「間違いなく日本一の天ぷらです。」

『喜邑』東京/寿司

「これぞ熟成寿司の最高峰!」

『緒方』京都/和食

「本場京都の素晴らしい和食を堪能。」

『東麻布 天本』東京/寿司

「いきなりのミシュラン二つ星はダテじゃない。」

『銀座しのはら』東京/懐石

「滋賀の名店しのはらが東京で食べられる幸せ。」

~肉山の光山29推薦店舗~

南青山 いち太』東京/和食

「開店して2年が過ぎ、安定感が増してきました。これからがさらに楽しみなお店です。」

東麻布天本』東京/寿司

「開店半年で、爆発的なスタートを切りましたね。8席の争奪戦とそれ以降の握りだけのコース、どっちがお好み?w」

吉力』東京/和食

「あの場所にあることが有難い!劇場型でないのも嬉しい。」

スーツァンレストラン陳』東京/中華

肉山の光山29氏コメント「ホテルで食べる中華では間違いなく最強!」

『餃子館』東京/中華

「まだまだ知られてない餃子の名店です。メニューはほぼ餃子のみです。」

 

~谷浩志推薦店舗~

天★(テンセイ)』東京/居酒屋

「店主が採集したキノコ料理など手作り料理と日本酒の組み合わせに感動です。」

市場の厨房』東京/和食

「圧倒的なコストパフォーマンスと抜群の魚たちによる最高の魚料理がいただけます。」

General Warrant(ジェネラルワラント)』東京/イタリアン

「夫婦で営む毎日食べたくなるイタリアンです。」

美酒家 忠』東京/ダイニングバー

「銀座なのに安くてうまいメンチカツ等庶民のメニューが絶品です。」

第三春美寿司』東京/寿司

「安定した美味しさを提供してくれる寿司店です。」

 

~田村勝也推薦店舗~

緒方』京都/和食

「表現力豊かな逸品ばかり、素晴らしいの一言です。」

鮨 原正』大阪/寿司

「旬の素材を活かしたアテから握りまで全てに魅了されること間違い無し。美学のある端正なお仕事です。」

三芳』京都/割烹

「素材に応じた・技・味の引き出しなどでお客さんを唸らせ上品に肉の魅力を最大限に引き出すお店です。」

あ~ぼん』兵庫/串カツ

「タイミングや気配りに怠りなく、素材のうまみを楽しめるこれぞ串かつの魅力と言わんばかりのお店です。」

齋華』京都/中華

「いつ行っても感動する。ココにしかないお料理素晴らしい感性です。」

 

~花千代推薦店舗~

『KIMPAI TOKYO(キンパイトウキョウ)』東京/創作料理

「コストパフォーマンスから考えると夢のような内容の創作和食料理。刺身も熟成させたものを2切れづつサーブするなど鮨屋的なところも。フレンチの手法も取り入れた料理でおまかせコースの流れも面白いです。」

『吉兆』東京/懐石

「ホテル西洋店を閉めてから約3年半。。銀座に開業したビルの4階にお店を構える。吉兆は関西も含めて多数あるが、ここでしか食べられないフカひれ丼が絶品!ランチでフカひれ丼だけの注文も可能です。」

『CRONY』東京/フレンチ

「オープンしてまだ間もない。カンテサンスにいたスーシェフと支配人だった小澤さんがタッグを組んだモダンフレンチ。 北欧の影響もうけたプレゼンテーションと料理が今の時代っぽい。コースの最初にでてくる小石に見立てた炭のコロッケが面白くて秀逸です!」

『未在』京都/和食

「予約はとりにくいが、王道で何を食べても文句なく美味しい和食。色とりどりの多種の刺身の盛り合わせは日本一のクオリティだと思う。」

『麺劇場 玄瑛 六本木店』東京/ラーメン

「食べてみて豚骨ラーメンの概念が変わった!帆立や海老の旨みエキスが効いた豚骨スープの澄んだ深みのある美味しさで、最後の一滴まで飲んでしまいました。XO醤薫イベリコ豚の玄瑛流ラーメンは、イベリコのチヤーシューがクオリティ高く、XOジャンがアクセントになり麺とスープの渾然とした一体感です。」

 

~浜田岳文推薦店舗~

『MIMOSA』東京/中華

「日本一の上海料理。広東料理の焼味もトップクラスです。」

『乃木坂 しん』東京/和食

「オープンから日々進化を続ける新進気鋭の割烹。」

『Steak Eda』東京/ステーキ

「完全紹介制のステーキハウス。ステーキ以外の本格的イタリア料理も素晴らしい。」

『味ひろ』東京/割烹

「『京味』から独立した若いご主人の営む割烹。」

『不動前 すし 岩澤』/寿司

「『すし匠 齋藤』の二番手が独立した鮨屋。『すし匠』譲りの安定感のあるつまみと握りに加え、ご主人の人柄から醸し出される居心地の良さからついリピートしたくなる。』

 

堀江貴文推薦店舗-

アンブレラ』東京/フレンチ

「高級食材をあり得ない手法で料理する。シャトーディケムで煮詰めて作ったシャーベットが最高に美味しいです。」

寿志 城助』兵庫/寿司

「スイーツの技法を参考にした関東風の甘いふわふわでしっとりの卵焼きがやばいの一言。」

十割そば処 山獲』兵庫/蕎麦

「ご主人自らがハンティングしてきたアナグマを最高の調理法で満喫できる。うまさは抜群です。」

韓菜酒家 ほうば』大阪/韓国料理

「骨つきカルビの唐辛子煮込みのソースが最高です。何杯でもご飯が食べれます。」

Bon.nu(ボニュ)』東京/フレンチ

「全てを削ぎ落とした超シンプルな料理。10分で作るインスタントビスクが贅沢です。」

~本郷義浩推薦店舗~

『にしぶち飯店』京都/中華

「『祇園さゝ木』出身の西渕さんが作る和テイストの中華は「牛肉」の使い方がうまく、脂好きの僕にもぴったりです。」

『清粥小菜 明』大阪/中華

「内田シェフの創造性には毎回感嘆しますが、オーソドックスな 上海蟹の紹興酒漬けは、毎シーズン5回は食べています。」

『中国菜エスサワダ』大阪/中華

「2016.11/19オープン。澤田シェフのスペシャリテは、クリスピーチキン。 新店のオーナーシェフとなり、今後の新作料理が楽しみ。」

『黒龍天神樓』大阪/中華

「黒川シェフの中華バル的つまみは、小ロットで酒が進む。チーズ入り揚げワンタン、焼き餃子はもちろん、油かす入り麻婆豆腐は必食です。」

『湖陽樹 谷町店』大阪/中華

「担々麺がスペシャリテの店。麻婆豆腐も事前にオーダーすれば、新作を考えてくれる。花椒と青唐辛子を使った「白麻婆豆腐」はかなりうまし。」

~マッキー牧元推薦店舗~

『祇園浜作本店』京都/割烹

「他では食べることのできなくなった、真の京都料理の凄み。」

『ESqUISSE(エスキス)』東京/フレンチ

「日本人が気づかなかった日本食材の別の魅力を引き出した感性と技に感嘆した」

『Central Restaurante』ペルー/中南米料理

「世界に類がない食材の宝庫で成し遂げられつつある、レストランの新しいあり方」

『ワールドセンタークラブ』台湾/中華

「中国料理のスープの空恐ろしいほどの奥深さに眩暈を覚えた」

『L’Archeste』フランス/フレンチ

「日本人シェフの日本人らしい感性を生かした料理が、フランス料理の可能性を広げることの発見」

 

~ミスターX推薦店舗~

『津之守坂 小柴』東京/懐石

「コース8千円ではありえない料理、日本酒のそろえもいい。」

『仁べえ』群馬/蕎麦

「蕎麦界のレジェンド、石井さんの終の棲家はそば食堂。」

『瓢六亭 南平台』東京/うなぎ

「関西風の地焼きの特大天然うなぎを食べさせてくれる。」

KIMPAI TOKYO(キンパイトウキョウ)』東京/創作料理

「大阪から殴り込みをかけた創作料理屋。発想の豊かな八寸がいい。」

『青華こばやし』東京/和食

「六本木から曙橋に移ってから料理の幅が広がった。最高の素材使い、素材の持つ個性を引き出す料理が堪能できます。」

 

※テリヤキ未掲載のお店に関しましては、順を追って追記させていただきます。

The following two tabs change content below.
テリヤキ編集部

テリヤキ編集部

テリヤキ編集部のスタッフがテリヤキ掲載店に足を運びレポートします☆