本当にうまい店が探せるグルメサービスTERIYAKI

第36回堀江貴文とカウンターで高級寿司を食べるTERIYAKIプレミアム鮨会@福岡


2017年3月10日、ちょうど3年目を迎える当鮨会の開催地は、福岡県!

今回会場となったお店は、型にとらわれない発想で旨みを重ね合わせた鮨を提供する「すし、太郎。」。

テリヤキスト猪口由美さんからは、「シャリと海老の間に生からすみを挟んだり、時にはオリーブオイルを使うなど、奇抜であるもののその美味しさに予約が取りづらくなってきた店。鮨屋としては良心的な価格も嬉しい。」とコメントのもとTERIYAKIアプリでご紹介いただいています。

そんな「すし、太郎。」さんは、シックな外観から入り口の暖簾をくぐると少しの廊下があり、廊下を通り抜けて左手の扉を開けると右から左へと壁一面と同じ大きさのカウンターが広がっています。

 

今回の福岡鮨会は、16:30開始といつもより若干早めの時間帯でしたが、例によって満席となりました。

早い時間から参加者の方が集まり始め、堀江氏も到着したところでテリヤキ編集長の簡単な挨拶、そして堀江氏の乾杯の音頭で会はゆるやかに始まりました。

 

今回の参加者は、九州の方だけでなく関東からお越しの方もいらっしゃいました。

また、普段は20代〜60代の方が多い傾向にあるのですが、今回は10代の現役高校生の方もいらっしゃいました。

将来の自分を見据えて、いま自分にできることは何か、その都度取捨選択をして前かがみで人生を駆け抜けていく、そんな姿が輝いて見受けられたひと時でした。

 

会話が弾み、身振り手振りも大きく話が白熱していきます。

 

つまみから握りまで、見た目にも本当に美味しそうな「すし、太郎。」さん。

 

最後に、堀江氏から総括ならびに締めの言葉。

 

この後、例によって皆さんそれぞれとツーショットの写真撮影を行いました。

こうして福岡での鮨会は無事、終了しました。

 

次回は、京都開催です!

お見逃しなく〜

The following two tabs change content below.
テリヤキ編集部

テリヤキ編集部

テリヤキ編集部のスタッフがテリヤキ掲載店に足を運びレポートします☆