TERIYAKI

2017年7月8日

TERIYAKI 美食倶楽部食事会×81


7月6日(木)、テリヤキ株式会社が運営する美食倶楽部の食事会が、西麻布にお店を構える『81』にて開催されました。スペイン・エルブリ出身の永島シェフが手がけるフュージョン料理で人気を博すレストラン。果たしてどのような会が行われるのでしょうか。

81とは


2015年9月、要町から西麻布へ移転。「81 is not a restaurant but an experience.」を掲げる同店。真っ暗な店内で大音量で流されるDJによって選ばれた音楽は、どこか心地よさを感じられる。また、提供される料理はどれも考え尽くされていることがうかがえる革新的な要素があり、目で見て、音を感じて、舌で感じ、手で触れて、香りを感じて、というようにまさに五感で食を楽しむことができる。

まるで劇場をみているかのような店内構造


コの字カウンターの先にはオープンキッチンが広がっている。永島シェフを筆頭にスタッフたちそれぞれの役割が少しずつ一つの料理へと形になっていくのを目の当たりにし、その料理が配膳されるタイミングで永島シェフから料理に込められた想いが語られるのを聴く。まるでひとつの物語の中に溶け込んだかのような感覚に陥るのが81の特徴の一つ。

スペシャリテ:カルボナーラの再構築


特筆すべき料理を一品ご紹介。真っ暗な部屋での真っ白な料理を。ツバメの巣に見立てた卵料理は、スプーンで柔らかくそして弾力を感じながら割り混ぜるやいなや、トリュフの香りと濃厚なチーズの香りが絡み合ったなんとも言えない芳醇な香りが鼻奥へとゆっくりやってくる。そんな香りを堪能しながらひとすくい口へ運ぶと、そこにはまさにカルボナーラが存在している。

美食倶楽部会員募集中!


テリヤキ株式会社が運営する「TERIYAKI」美食倶楽部では、月に数回リアルイベントを通し、「食べること」が大好きな人たちとの交流を行っています!ぜひ、「食」に興味のある方はご入会してください!下記の画像をクリック!

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でテリヤキをフォローしよう!

The following two tabs change content below.
テリヤキ編集部

テリヤキ編集部

テリヤキ編集部のスタッフがテリヤキ掲載店に足を運びレポートします☆
美食倶楽部入会はこちらから