本当にうまい店が探せるグルメサービスTERIYAKI

かき氷カフェバー『yelo』×TERIYAKI美食倶楽部


2016年3月某日、美食倶楽部イベントの会場は六本木駅から徒歩5分程のところにあるかき氷カフェバー『yelo』へ。

 

『yelo』は、「ライトでヘルシーなのに、どんなお菓子にも負けない満足感を」をコンセプトに究極のスイーツを目指しています。良質な純氷を丁寧 に扱い、温度管理を徹底することで、キメ細かくふんわりとした削り出しで心地よい口溶けやバラエティ豊かな手作りシロップ、京都・利招園茶舗の高級抹茶を 使用するなど、厳選した素材にこだわっています。

氷とシロップとミルクが奏でる極上のハーモニーが従来のかき氷とは別次元の高みへと昇華させています。

今回はそんなyeloのかき氷を堪能するイベントです!

 

yeloをプロデュースしているのは、テリヤキスト兼かき氷マイスターでもある永田寛哲さん。

今回は特別に、永田寛哲さんをゲストに迎えて実際にかき氷作り体験と永田さんによる講演を盛り込んだイベントを2時間に渡って行いました。

 

 

 

Processed with VSCOcam with c1 preset

今宵はどんな美食会がこの先で行われるのだろうか?

見た目は決して夏の風物詩として連想させるようなかき氷屋とは思えない、隠れ家感を醸し出しているが気にせず入ってみよう!!

 

 

扉を開けた先には、なんと、テリヤキ編集長の廣井さんが!!

スクリーンショット-2016-03-22-22.37.31

 

今回の美食倶楽部のイベントの為に、前もって準備をしているなんてさすが編集長!

『yelo』のかき氷には、普通のお店にあるかき氷とは一味違っているため、準備しないといけない材料も山ほどある。

あんまり、他では見かけないティラミスやマスカルポーネチーズなど様々なバリエーションから選べるのも人気のポイントだ。

好みで、オレオクッキーや白玉といったかき氷に合うのか?と思うようなトッピングも用意されている。

どの味がマッチするのかは実際に食べてみてのお楽しみ!!

IMG_1643

Processed with VSCOcam with g3 preset

19時になり、参加者も時間通り集まっていざ、かき氷作りを!

最初は、『yell』のスタッフの方に説明を受けて、3段層にするのが『yelo』の特徴なので、一個作るのに結構時間がかかります。腕も疲れると思うので、根気強く頑張りましょうとスタッフからエールも貰い、いざ、会員の方々がかき氷を作るが、「難しい・・・・」(涙)

 

IMG_1644

会員たちは、自分たちの作ったかき氷を食べる、別に味は不味くないし、むしろよそで食べるかき氷よりはるかにうまい。それは、もちろん『yelo』が提供してくれてる、完成度の高い氷や試行錯誤を練ってできたシロップがあるわけだから、まずいわけがない。

ただ、何か足りない。作り手が良くなかったんだ。プロにお願いしよう!!そこで、『yell』のスタッフの方に本物のかき氷を作っていただいた。いちごミルク、キャラメル、さらには、試作中のマル秘商品までいただきました。

IMG_1387

IMG_1403

どれも、一個一個のかき氷に味がしっかりついている上に、究極のふわふわ感で、かき氷を食べているとは想像できない。一つのスイーツとして完成している。とテリヤキスタッフや会員も満場一致。

会の途中から、テリヤキストの永田寛哲さんが合流され、永田さんのかき氷の情熱や『yelo』におけるかき氷のこだわりを聞くことができた。氷一つとってもいろんな種類の氷があるが、『yelo』では温度調整には、厳重に注意を図り徹底して温度管理をしているとのこと。

IMG_1664

 

今回は、お忙しい中集まっていただいた、永田さん、美食倶楽部の会員の方達、『yelo』スタッフの方々ありがとうございました。

S__58368013

 

TERIYAKI美食倶楽部

300300

 

【グルメアプリTERIYAKI

iPhoneアプリ  

androidアプリ 

PCweb 

TERIYAKIInstagram

<旨いを世界に発信!テリヤキアンバサダー 100名募集!>

詳細はこちら 

The following two tabs change content below.
テリヤキ編集部

テリヤキ編集部

テリヤキ編集部のスタッフがテリヤキ掲載店に足を運びレポートします☆