TERIYAKI

2018年5月8日

築100年の蔵付民家で味わう本格洋食【プチレストランないとう】


TERIYAKI美食倶楽部 in 京都の2日目のお昼に訪れたのは、京都御所の南に位置し、築100年の蔵付民家を改装したレストラン『プチレストランないとう』に訪れました。築100年の蔵付民家で食べる洋食とは果たしてどのような内容なのでしょうか?全容をレポートします。

京都御所の南に位置する『プチレストランないとう』。普通に歩いているだけでは気づくことができない、脇道にお店があります。入り口には、可愛らしいキャラクターの暖簾がかかっています。

店内に入ると、築100年の蔵付民家を改装したお店だけあり、非常に趣深いです。カウンター席と座敷があり、今回はカウンター席で頂きました。カウンターからは、料理人の方々が目の前で作業している様子を見ることができます。

ランチで必ず食べるべきメニューが「スペシャルランチ」です。今回おとずれた際にあったのがAとBの2種類。基本的には同じなのですが、1つの料理が付くか付かないかで変わるのです。Aセットには、クリームコロッケ、Bセットには海鮮フライ(当日は海老フライでした)が付きます。

美食倶楽部のメンバーと訪れ、「スペシャルランチ」をそれぞれ注文。前菜とサラダを食べた後に、メインのプレートが登場。ヒレカツとハンバーグ、エビとカニのクリームコロッケが贅沢に乗っています。

まず最初に、ヒレカツから頂きます。見事な断面!一口食べれると分厚いのにも関わらず、非常に柔らかい。ハンバーグは、和牛の味がしっかりと感じられる一品に仕上がっています。クリームコロッケは、エビとカニのおいしさがしっかりと伝わってくる素直に美味しいと言える品です。

最後にはデザートとコーヒーが付いてくるという本当に至れり尽くせりな「スペシャルランチ」。かなり満足度の高いランチコースになっていますので、ぜひ京都に訪れた際には行かれてみてはいかがでしょうか?

TERIYAKI美食倶楽部では、全国の美味しいと評判のお店に会員同士で食べに行ったり、お店の情報を共有するなど「食」に特化したサロンです。ぜひ、入会して一緒に素敵な「食」を楽しみましょう。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でテリヤキをフォローしよう!

美食倶楽部入会はこちらから