TERIYAKI

2018年5月22日

ディープな街「歌舞伎町」のグルメに潜入!夜の歌舞伎町をTERIYAKI美食倶楽部で食べ歩き


TERIYAKI美食倶楽部内で開催されてるイベントは、高級料理店だけでの食事会だけではないんです。月に1.2回ほどのペースで1日に5軒-10軒近く食べ歩くイベントも開催しています。今回舞台になったのは、新宿歌舞伎町。TERIYAKI美食倶楽部のメンバーである井上さんにアテンドしていただきました。果たして、どのような会になったのでしょうか?全容をレポートします!

5月某日の19時に『アルプス』集合でとアテンドをしてくれる井上さんに言われ、参加者全員が19時前にはお店に集合。どんなお店なんだろうと、先に入って下調べをしておくと、何とビールが1杯100円!ハイボールも100円!ノンアルはなんと280円!(笑)。アルコールよりもウーロン茶とかの方が高いんです(笑)。

最初の1軒目にこのお店を選んだのも、歌舞伎町のど真ん中で、雰囲気から入りたかったのでこのお店をチョイスしました。との事。他にも、お寿司やもつ焼きを注文。ここに来たら頼まないといけないのが、「わさび巻き」。かなりの量のわさびが入っていて、食べるたびに毎回涙が出てくる。100円ビールからわさび巻きまで色々と面白さのある『アルプス』でした。

(わさび巻き)

(寿司)

(もつ焼き)

2軒目に訪れたのは、上海家庭料理のお店『上海小吃(シャンハイシャオツー)』です。まず驚くのが、この雰囲気。歌舞伎町自体もかなり独特な雰囲気ですが、ここはさらにディープな感じで、急に異国に来たかのような感じ。

(外観)

事前に予約をしていたので、スムーズに入店できましたが、時間帯によっては待たされることもあるという人気店。その理由は、この独特な雰囲気の中で食べる美味しい上海料理とここでしか味わう事が出来ない変わり種の料理が人気を集めています。

(蛤の甘辛炒め)

(揚げパン)

(うさぎの肉)

(ピータン)

(豚タン)

どの料理も本格的で非常に美味しい。特に、蛤の甘辛炒めは、ソースが絶品。揚げパンに付けて食べるのがオススメです。

3軒目に訪れたのは、歌舞伎町の隠れた名店『Pizzeria LUMEN(ピッツェリアルメン)』です。歌舞伎町の裏手に位置する同店では、先ほどの『上海小吃』とは、全く違う雰囲気。こちらでは、ピザが絶品ということで4種類注文しました。もちもちの食感だけど、あっさり食べれてしまうこの生地とチーズが最高!どのピザも絶品。その時期の旬のピザもあるので、季節ごとに訪れるのもありかもしれません。

(空豆とマスカルポーネ.モルタデッラソーセージのピッツァ)

(ビスマルク)

(クアトロフォルマッジ)

(ナポレターナ)

最後に訪れたのが、ゴールデン街にお店を構える『きしめん双葉』。ゴールデン街の中でも最も古いお店『BAR双葉』の息子さんが運営されてます。きしめんは、肉、かけ、とろろ、カレーなど種類もたくさん。今回は、「冷肉とろろきしめん」を注文。しっかりとコシがあるきしめん、とろろとの相性が最高。〆の一杯としてはこれに勝るものはなかなかない。座敷席とカウンター席があるので、ゆっくり食べたい人は座敷、サクッと食べたい人はカウンターという使い方もありです。

(冷肉とろろきしめん)

(坦坦きしめん)

(冷とろろきしめん)

今回は、時間の関係上4軒しか行くことができませんでしたが、次回はさらにディープな歌舞伎町をTERIYAKI美食倶楽部の会員である井上さんに案内して頂く予定です!ぜひ、TERIYAKI美食倶楽部に入会して一緒にグルメを極めましょう。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でテリヤキをフォローしよう!

美食倶楽部入会はこちらから