TERIYAKI

2019年3月14日

神楽坂の隠れモダン中華!上品かつ創作的な品々に大満足!『ENGINE(エンジン)』


こんにちは!テリヤキ編集部です!

皆さんは、神楽坂と言ったらどのような印象をお持ちですか。
歴史ある神社やお洒落なカフェ、素敵な雑貨店。さらには敷居の高い懐石料理店など、様々なスポットがあり、魅力溢れるエリアではないでしょうか。
しかも近年では、”神楽坂散歩”などと言った言葉が出来る程、土日には多くの方々が訪れる街なんです!

本日は、そんな魅力溢れる神楽坂にお店を構え、常に満席の大人気モダン中華料理店『ENGINE(エンジン)』を訪れました。
果たして、人気の理由とは、一体なんなのか!早速レポートします!

本日訪れた中華料理店『ENGINE(エンジン)』は、多くの人が歩く、メイン通りから一本外れた路地裏にあります。かなり細い路地を通ったり、石畳の階段を抜けたりして、やっと到着しました。


(ENGINE)

路地裏を通り抜けるだなんて、”神楽坂”らしさが感じられますね!

店内は、カウンター席とテーブル席のみ。予約をしていたため、すぐに入店することができました。予約なしでも入れることもあるのですが、大体は予約の方で埋まってることが多いです。

ランチは、「ランチコース」1,800円と「おまかせコース」3,000円の2種類。本日は1,800円の「ランチコース」で頂きました。

店内はかなりこじんまりしていて、白壁がカジュアルな雰囲気を感じさせてくれます。お客さんの層的には、カップルや女子会などが多く見受けられました。

前菜は、「ピータン湯葉」と「蒸し鶏」。

「ピータン湯葉」は、ムース状の湯葉とピータンの組み合わせがなかなか面白いです。また、ピータンは従来のものよりも癖がなく、比較的食べやすい印象。

(ピータン湯葉)

もう1つの前菜である「蒸し鶏」は、スライス状になっており、非常に柔らかくて、食べやすい一品。マスタードを和えたソースとの組み合わせは抜群です!

(蒸し鶏)

続いて、「黒酢の酢豚」。
黒酢のソースは非常に酸っぱく、しかしながら、甘さを感じることができます。豚肉は、揚げた衣の歯ごたえを無くさずに、素晴らしい食感を演出しています。

(黒酢の酢豚)

さらに食べ続けると、「おこげ」も提供されます。


(おこげ)

「おこげ」と黒酢のソースの組み合わせは、非常に堪らない味!
サクッサクッとした食感と甘酸っぱいソースにやめられない、止まらない!と思わされてしまいます。

お次は「担々麺」か「炒飯」を選択することができます。

本日は、「炒飯」を頂きました。


(炒飯)

「炒飯」は、パラっとした仕上がりになっており、甘酸っぱい酢豚の後にはちょうど良い一品。これなら、何杯でも食べることができそうですね。

「担々麺」も連れから一口頂きました。


(担々麺)

スープは、ゴマのまろやかさを感じる味わい。後から遅れて、喉の奥の方で、辛さを感じることができます。ほんの少しだけ辛いと言ったレベルなので、辛いものが苦手な方でも十分楽しめそうですね!

最後にお口直しのデザートが登場。本日は季節に合わせた「桜の杏仁豆腐」を頂きます。


(桜の杏仁豆腐)

色合いなども非常に素敵なのですが、味ももちろん美味。甘しょっぱい味わいが非常に桜らしさを感じさせてくれます。

グルメアプリ『テリヤキ』では、他にも魅力溢れる神楽坂のお店を数多く紹介しています!その機会に、ぜひダウンロードされてみてはいかがでしょうか。

TERIYAKI美食倶楽部のオンラインサロンとは?
Facebookを使用した秘密のコミュミティサロンです。
我こそは美食家である!という方や、一緒に名店巡りをする仲間が欲しい方、
グルメについて熱く語らいたい方にお勧めです!

隠れた名店や驚きのアレンジレシピなど、あっと驚くような情報が手に入る事もあります。

日本全国で毎日のようにオフ会が開かれていますので、
名店巡りをするうちに語らう仲間が増えるなんてこともあります。

今まで予約が取れなくて諦めていたお店や、馬主や会員である事などの特別な条件をクリアしないと入れないお店にもいくチャンスがあります。

注目はメインルームで開催されるオフ会。
行先は会員様のリクエストを参考に決められているため、毎回かなり盛り上がります。

是非入会して、行ってみたいお店をリクエストしてみてくださいね!

今後もイベントを沢山催す予定です。
日本を飛び出し、海外で開催するのもアリだなと検討されていたりもします。

私たちと一緒に、日本全国の絶品グルメを一緒に堪能しに行きましょう!
グルメな皆様のご入会をお待ちしております!

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でテリヤキをフォローしよう!

美食倶楽部入会はこちらから