TERIYAKI

2019年7月1日

訪れる度に驚きを感じる大阪が誇るイノベーティブ料理の最高峰「Comptoir Feu(コントワールフー)」


完全紹介制、住所.電話番号非公開、一見のお客さんは予約が取れないレストランが大阪・北新地にある。それが「Comptoir Feu(コントワールフー)」。

店内の席数は8席のみ。シェフである佐藤歩さんが1人で調理とサービスまでを手際よくこなしているのが、印象的。

(シェフの佐藤歩さん)

(シソ入りの素麺 和歌山のトマト 生ハム アンチョビ キャビア)

一品目から見た目だけで、美味しいのがわかる。トマトのソースの旨味とキャビアの塩味との組み合わせが最高過ぎて、一品目から悶絶もの。

(ハモ 焼きナス 新生姜)

カウンターの目の前でハモを調理し、その場で一品に。見た目も可愛らしい。

(毛蟹 蟹味噌 フカヒレ)

夏の毛蟹とフカヒレとを組み合わせた一品。蟹味噌の濃厚な旨味とフカヒレの食感とかが絶妙。

(マナガツオ 青山椒のソース)

マナガツオと青山椒のソースとの組み合わせの一品がとんでもないくらい美味しい。マナガツオの旨味と青山椒のピリッとした辛さとが素晴らしい。

(赤鯛の鱗焼き プラチナオニオンと赤茄子のソース カラスミ)

カウンターから見える焼き台でじっくり、丁寧に焼かれた赤鯛の鱗焼き。こちらに、プラチナオニオンと赤茄子のソース、上からカラスミをかけた一品。

(クエ パプリカとあさりのソース)

(手長海老のタイカレー)

フレンチベースの料理かと思いきや、まさかのタイカレー。しかも、この手長海老のタイカレーが素晴らしく美味い。いい感じのスパイス感がクセになる。

(ビュルゴー家の鴨 みらいコーンのソース 利尻昆布とトリュフのソース)

フランスのビュルゴー家の鴨と2種類のソースを合わせた一品。こちらの鴨肉が、今まで食べたことがないほどに柔らかく、パサつきも一切ない。そこに、2種類のソースが組み合わされば最高の一品。

(鳩の唐揚げ トリュフ)

今までいろんな唐揚げを食べてきたが、鳩肉での唐揚げは食べたことがなかった。全く臭みがなく、非常に柔らかい。トリュフと共に食べるとさらに美味しくなる。

(徳島県産のアワビとタリヤリンで作るパスタ)

アワビのぷりぷりな食感とか細麺のタリヤリンとの組み合わせがいい。〆にこの一品が食べれるのは、最高。

(桃 糖度18度)

デザートはシンプルに桃だけ。この桃が糖度18度で素晴らしく甘く、美味しい。

TERIYAKI美食倶楽部

TERIYAKI美食倶楽部に入会したら、Comptoir Feu でのオフ会と定期的に開催しております。ぜひ、入会して一緒に食べに行きましょう!

主なサービス

①テリヤキ主催のイベントに参加可能

②グルメアプリTERIYAKI掲載前の店舗情報が手に入る

③WAGYUMAFIAの特別イベントにも参加可能

④グルメ仲間ができる

入会はこちらから▷lounge.dmm.com/detail/692/

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でテリヤキをフォローしよう!

美食倶楽部入会はこちらから