TERIYAKI

2016年5月14日

会員制高級居酒屋itumo


2016年5月13日、六本木にある会員制高級居酒屋itumoで美食会を行いました。

itumoの「会員制」の新しいありかたとは、「ステータスを求める富裕層が、上質なサービスとラグジュアリーなプライベート空間を求めて集う大人の社交場。会員制バー、会員制クラブといった言葉から、そんな光景を思い浮かべる方も多いかもしれません。しかし、会員制居酒屋「itumo(イツモ)」が目指す会員制像は、そこにはありません。決して、ステータスを求めるお客様のための会員制の店ではないのです。」なのだそう。(引用_itumo 店舗ページ

会員制だからこそ落ち着いた雰囲気で気長に、各々が思い思いの夜を楽しむことができるのでしょう。

そんな今回は雰囲気とさらにお料理を楽しむ一夜です。

そもそもが居酒屋なので、どこか昔ながらの家庭を彷彿させるようなお料理も出てきます。

まずは、

春野菜と味豚の煮浸し

優しい味わいのお出汁が胃袋をならしてくれます。一杯目のビール、、

いやいや、ここでの最初の乾杯はシャンパーニュで。なんてのもアリです。

続いて、

生野菜をトマトマヨネーズソースのディップで。

シャキシャキ新鮮野菜をitumo特性のトマトマヨネーズでいただきます。

まろやかな酸味がクセになります。

初鰹の香味和え

メカジキ 桜海老のクリームソース

お肉のステーキ盛り合わせ

こちらは、なんと豚、牛、鶏の3種盛り。それぞれ地方産の美味しいお肉を厳選して取り扱っているようです。

宮崎 味豚

北海道のおおぬま牛

鳥取 大山どり

粒マスタードやお塩とともに。

噛めば噛むほど味わいが口のなかいっぱいに広がります。

フォアグラトリュフ土鍋ごはん

たっぷりのフォアグラに、目の前でたっぷりと削り落とされるトリュフ。

蓋を開けた瞬間にフォアグラの香りとご飯の香りに惑い、続いてトリュフの香りにノックアウトされます。

店員さんが取り分けてくださるのを待つのもおしいほど。

一たび口に運ぶと。舌に広がるまろやかな味。なんと表現するべきか、、、とっても濃厚です。

何倍でも食べられそうな美味しいふっくらとしたご飯。

蓋を開ける前はこんな感じで運ばれてきます。

お味噌汁とお漬け物も一緒に。

食べきれなかったご飯はお土産として包んでくださります。

これが、翌日食べても絶品。

デザートの盛り合わせ

最後には、フルーツとプリンの盛り合わせを。

こちらのプリンも自家製。

クリーミーでバニラの香りが良いです。

次回の美食会にも注目です!

734

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でテリヤキをフォローしよう!

美食倶楽部入会はこちらから