TERIYAKI

2018年9月3日

素晴らしいホスピタリティを感じられる居心地の良い渋谷の割烹。


【アットホームな雰囲気が魅力的な割烹】
若者の街、渋谷から歩くこと20分。大通りから1本路地に入った場所に本日の会場がある。この店の最大の特徴は、無駄なものを省いた、シンプルな料理を堪能することができるという点だ。そのため、地元客を中心に多くの方がリピートをしているとか。それが『松見坂小林』。

(看板)

店の中に入るとその温かみ溢れる空間に寛ぎを感じる。しかし、凛とした雰囲気もあり、これから現れる品々に胸が踊る。

【徹底的に無駄を省いたシンプルさに感服】
料理は店主の小林さんが一人でしており、目の前で一品ずつ丁寧に調理していく。量も十分すぎるくらいあるのはもちろんのこと、どの品もシンプルで非常に美味しい。またそのシンプルさが故に、味はとても繊細なもの。特に最後に提供された「羽釜で炊いたご飯」は堪らない。

(羽釜で炊いたご飯)

「特製のちりめん山椒と明太子」などと一緒に食べるのが究極の贅沢と言えるだろう。

(特製のちりめん山椒と明太子)

【五感を刺激する究極の割烹】
他にも「じゅん菜冷やし茶碗蒸し」や

(じゅん菜冷やし茶碗蒸し)

「カワハギ」などを始め

(カワハギ)

魅力的な料理をいくつも頂くことができる。

【魅力的なイベントが毎日開催】『松見坂小林』の料理はどれもシンプルかつ、繊細な味わいだった。ここまでしっかり食べて、一品一品のクオリティも高いのにお酒を飲んでも1万円ちょっとで収まるのは、本当に素晴らしい。是非とも普段使いで訪れたいお店だ。

TERIYAKI美食倶楽部ではこのような魅力的なイベントを毎日開催しています!この機会ぜひ入会されてみてはいかがでしょうか♪
TERIYAKI美食倶楽部では、都内に限らず、全国各地でほぼ毎日食事会が開催されています。ぜひ入会して一緒に美味しい料理を堪能しに行きましょう!

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でテリヤキをフォローしよう!

美食倶楽部入会はこちらから