TERIYAKI

2021年1月16日

【大阪グルメ】オープンから僅か1年でミシュランビブグルマンを獲得!和食、洋食と経て、現在ラーメンに至る【らーめん久遠】


【大阪グルメ】オープンから僅か1年でミシュランビブグルマンを獲得!和食、洋食と経て、現在ラーメンに至る【らーめん久遠

こんにちは。TERIYAKI編集長の浜崎です。
本日ご紹介するCOLUMNは、大阪、中央区にお店を構え、2021年度版の大阪のミシュランでビブグルマンにも選出される実力を持った名店『らーめん久遠』です。同店では、食感が癖になる独特な自家製手打ち麺と、滋味深くマイルドな味わいのスープが特徴的なんだとか!早速、訪れてその全貌をチェックしていきたいと思います!

TERIYAKI編集部の記事はこちら▷https://teriyaki.me/articles/7234

*TERIYAKIは、東京・大阪をはじめ、全国各地の”絶対に外さない”美味しいお店を検索できるグルメサービスです。まだ世に広まっていない隠れ名店から、グルメな方であれば絶対に訪れるべき名店まで厳選してご紹介しております。

TERIYAKIのHPはこちら▷https://teriyaki.me/

iOSのダウンロードはこちら▷https://apple.co/2L50kLB

Androidのダウンロードはこちら▷http://bit.ly/2R5kTdx

【洋食や和食などを経て、現在ラーメンに至る】

大阪、中央区の堺筋本町駅からすぐの場所にお店を構える人気ラーメン店『らーめん久遠』。2020年1月21日オープンと、まだ1年も経っていないにも関わらず、既に2021年度版の大阪のミシュランでビブグルマンにも選出されるほどの実力があります。そんな同店で腕を振るう店主は、和食、洋食など様々な場所にて経験を積み、現在ラーメン店を開かれているとのこと。常に向上心を持ち合わせる店主のラーメンとは一体どのようなものなのでしょうか。

【こだわりの詰まった一杯】

『らーめん久遠』では、ラーメンの全ての工程においてこだわりがありますが、特筆すべきは麺とスープ。麺は特別にカスタマイズされた手打ち式製麺機を用いており、試行錯誤の末、こだわりの麺が完成したとのこと。時間と共に、スープとの相性がよくなり、味が変化していくのもこの麺の特徴の一つ。またスープに関しては、時間をかけて手作りする伝統製法の醤油「丸島醤油」を用いています。旨味が凝縮されたスープを一口飲むと、なんとも奥深い味わいに舌鼓することでしょう。

【素晴らしい相性に、上品な味わい。まさに美味。】

そして、今回いただいたのがこちらの一杯。クリアなスープと綺麗な麺線に、ついつい見惚れてしまいますね。実際に一口食べて見ると、その麺とスープの相性の良さに驚きです。上品な味わいと共に、ついつい箸が進んでしまう滋味深いものとなっています。またトッピング1つ1つもこだわりがあるので、ぜひ訪れた方は色々と試してみてはいかがでしょうか?

いかがでしょうか。『らーめん久遠』では、大阪のみならず、全国のラーメン好きを唸らせるような一杯を提供しております。ぜひこの機会に訪れてみては?またこのようなグルメ活動をTERIYAKI美食倶楽部でも行っていますので、ぜひ入会して、ここだけの食体験を一緒にしてみませんか?

毎日全国でグルメオフ会を開催するTERIYAKI美食倶楽部

グルメアプリTERIYAKIが運営する人数限定の会員制グルメコミュニティです。都内に限らず全国各地へ、予約を取ることが難しいお店や美味しいと話題のお店に会員の方と一緒に食べに行くイベントを開催しております。今後は、日本はもちろん、世界各国の美味しい料理を食べに世界のさまざな場所でイベントを開催します!

TERIYAKI美食倶楽部の入会ページ▷https://lounge.dmm.com/detail/692/

毎日グルメな情報をSNSでも更新しています!

Twitter:https://twitter.com/teriyaki_tweet

Instagram:https://www.instagram.com/teriyaki_jp

Facebook:https://www.facebook.com/gourmet.teriyaki/

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でテリヤキをフォローしよう!

美食倶楽部入会はこちらから