TERIYAKI

2021年11月17日

【東京グルメ】次世代を代表するつまみから握りまで全てにおいて完成度が高い寿司屋「波濤(ハトウ)」


 

お店のポイント

●東京が誇る和食の名店「石かわ」グループの寿司店

●大将の熊切さんは「石かわ」「虎白」「東麻布天本」で修業経験のある

●30代前半ながら安定したつまみと握り、それに持ち前のキャラの良さが人気を生み出している

東京・神楽坂にある寿司屋「波濤」。東京を代表する和食のお店「石かわ」のグループの一角を担う寿司屋。その人気はすでに新規での予約が取れないと言われているほどの人気ぶり。

その理由は、大将の熊切さんが「石かわ」「虎白」「東麻布天本」という錚々たるお店で働いた経験を生かしたお店になっている。そもそも東京・神楽坂の「石かわ」はミシュランで三つ星を獲得しているお店。

こちらもなかなか新規での予約が難しく、全国各地から「石かわ」の料理を食べるためだけに訪れる人が多いという。そんな名店での基盤があり、スタッフ、仕入れ、技術などもあれば、間違いなく最高の料理を提供できる環境のなっている。

そんなすごいバックグラウンドを持つ大将の熊切さんだが、先ほども書いた「石かわ」や石かわの系列の「虎白」、今では全く予約の取れない寿司屋で東京を代表するお店になった、「東麻布天本」での経験も積み、他の料理人では経験できないお店になっている。

しかも大将の熊切さんはまだ30代前半というから驚き。圧倒的なセンスと技術力を元に持ち前の人を虜にする人柄もファンが多い理由。とにかく、美味しい寿司を食べたい人はぜひ訪れてみて欲しい。つまみも握りも素晴らしい完成度になっている。

店名:波濤(ハトウ)

住所:東京都新宿区神楽坂5-7

予算:¥30,000~

店舗詳細:https://teriyaki.me/articles/7738

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でテリヤキをフォローしよう!

美食倶楽部入会はこちらから