TERIYAKI

2018年2月19日

舞台は”銀座”!たった一晩で6軒も食べ歩く爆食会!!


テリヤキスト堀江貴文さんがプライベートでも開催している食べ歩きイベント「爆食会」。爆食会とは、多い日では1日に10軒近く訪れ、ひたすら食べ続けるというイベントです。今回は、東京でも屈指の名店が揃う「銀座」で夜遅くから早朝まで食べ続けました。果たして、どんなお店に訪れてどれくらい食べたのか。全容をご覧ください。

2月のとある金曜日、集合場所として選んだのは長崎の食材やお酒を堪能することができる『長崎まるごと屋』だ。

1軒目絶品炙り鯖寿司、壱岐牛などが安ウマの居酒屋『長崎まるごと屋


銀座で人気を誇る名店『銀座みやま』のオーナーが地元長崎の食材を気軽に食べれるようにと開店した居酒屋。今回は、「鯖寿司」や「壱岐牛のレモンステーキ」「長崎ちゃんぽん」「アジフライ」などを頂きました。上品に脂がのった炙り鯖寿司は絶品でした。さらに肉も黒毛和牛のルーツとも言われる壱岐牛がリーズナブルに頂けました。

2軒目銀座ど真ん中の安ウマ串焼き店『ささもと銀座店


続いて訪れたのは、1軒目から歩いて数分のところにある串焼き屋『ささもと銀座店』。店内に入るとそこには、銀座のど真ん中とは思えない昭和の雰囲気が広がっています。同店では、美味しい串焼きを堪能できるため、常にお客さんで賑わっており、金曜日の夜になると予約も不可という程の人気店。注文してから焼いてくれる串焼きは、どれも絶品でした。メニュー数も多くて、お酒を飲みながら美味しい串焼きを愉しむことができます。

3軒目ゆったりとした空間で満喫できるバー『MIXOLOGY LABORATORY


MIXOLOGYグループの3号店目としてオープンした同店。こちらでは、最先端の科学技術を用いたカクテルと20年代のNYのトラッドなデザインが融合をお楽しみ頂けます。金曜日の夜ということもあり、店内は満席でタイミングよくカウンター席が空いていたので、カウンター席を貸し切り目の前でバーテンダーの華麗な技術を見ながら最先端のカクテルを堪能しました。店内の薄暗い感じの雰囲気が大人らしさを醸し出し、ゆっくりと美味しいお酒を楽しみたいお店でした。

4軒目深夜まで楽しめる銀座のダイニングバー『美酒家


銀座コリドー街にほど近いところにお店を構えるダイニングバー『美酒家』。店内に入ると、カウンターと数席のテーブル席のみ。それを切り盛りしているのは、若い店主1人のみ。こちらのお店では、銀座の街で深夜まで手頃な価格で美味しい料理を堪能できることもあり、常に満席近い繁盛ぶり。どの料理も美味しく、今回頂いた「イカの塩辛クリームパスタ」や「馬刺しの盛り合わせ」などどれを食べても美味いものばかり。深夜に炭水化物を食べるのは控えていたが、こんなに美味しそうなものを出されたら食べないわけにはいかない。他にも、魅力溢れるメニューが数多く並んでいたので、次回個人的に訪れる際には色々なメニューを堪能してみたい。

5軒目世界一のカツサンドが味わえる『Coffee Bar K 銀座店


銀座の高級バーとして人気を集める『Coffee Bar K 銀座店』。店内はシックで黒革のソファーがゴージャスな雰囲気を感じさせる。バーでありながらも、料理にも力を入れているのが同店だ。そんな銀座らしさのあるバーで食べられるのは、お店側が世界一と名乗るほど美味しい「カツサンド」。一口たべるとむっちりジューシーな歯ごたえが特徴だ。特注の米粉を使用したパンにサクッとジューシーな柔らかカツの相性は、ここでしか味わえない。食べたら必ず大満足する一品。

6軒目築地場内で人気の具沢山海鮮丼『うなぎ米花』


今回の爆食会で〆を飾るのは、築地場内でも人気を集める鰻屋『うなぎ米花』。鰻屋ながらも、人気を集めているメニューがある。それが、海鮮丼なのだ。今回注文した時には、殻付きのアワビや大間産のまぐろ、ご飯の上にたくさんのったいくらなどこれでもかというくらい盛りだくさんのったネタの数々。どのネタも他のお店で食べるネタよりも一回りいや二回り以上大きい。大きめ目のネタとほのかに酸味の香る酢飯との相性がよく、食べていて飽きるのことなく完食できました。

美食倶楽部会員募集中!



今回は「銀座」を中心に食べ歩きました!次回の食べ歩きは3月に石川県金沢市で予定をしています。ぜひ、入会して一緒に食べに行きましょう!

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でテリヤキをフォローしよう!

美食倶楽部入会はこちらから