TERIYAKI

2019年10月17日

テリヤキスト堀江貴文さんが9月に訪れたお店をご紹介します!


こんにちは。テリヤキ編集部です。今回お届けするコラムは、テリヤキスト堀江貴文さんが2019年9月に実際に訪れたお店を特別にご紹介したいと思います。
※テリヤキ編集部が独自にまとめたCOLUMNになります。テリヤキストによる選別ではありません。

 

【富山の食材をイノベーティブに「L’evo(レヴォ)」】

富山にある『リバーリトリート雅樂倶』というホテルの中にある、イノベーティブ・フレンチレストラン。
富山の海の幸、山の幸をステキな器に盛って提供してくれる。日本の発酵調味料の使い方も素晴らしい。そして取り扱う素材も、ヒキガエルから珍しい山菜までと自由闊達。調理方法も世界中のさまざまな手法を用いて最高のコース料理に仕立て上げている。
アート満載のホテルもダム湖から立ち上る霧と相まって素晴らしい環境なので、ゆっくりしたいところだ。

【すっぽん2.0「月輪(ガチリン)」】

閉店した赤坂の『さくま』や、京都の『大市』など、伝統的なすっぽん割烹とは一線を画した、「すっぽん2.0」とも言える業態。スケールはしないだろうが、定期的に訪れたい店だ。
店内は個室とカウンターがあり、すっぽん料理では定番の雑炊やカレーなどももちろんあるのだが、その他にも付焼きや茶碗蒸しなど和食の定番メニューの数々もある感じだ。

【スーパーの奥にある魅惑の窯焼き肉割烹「窯焼き割烹 黒泉」】

神奈川県を拠点にする生肉が得意なスーパーがオープンさせた精肉店の奥にある、和牛をメインに据えた窯焼き割烹のお店。松戸という立地のせいか、店内は広々としたコの字型のカウンター席があり、その中心にはデカいガス釜が鎮座している。
ワインなどお酒は高級なものが一通り揃っており、5000円でかなりのレベルのワインペアリングが楽しめる。なんと言っても素晴らしいのは、高級和牛のフルコースが5000円で楽しめるということ。完全に出血大サービスなのでいつまで続くかわからないが、あの『よろにく』プロデュースということでクオリティも十分。わざわざ松戸までいく価値アリと思われる。

 

TERIYAKI美食倶楽部

充実したオンラインや毎月開催しているオフラインイベントを楽しむことができます。 オンラインでの各グループによるイベント企画や美食探求の話し合いがオフラインへ繋がり、美食仲間が増えて毎日がとてもアクティブに。

美食倶楽部メイングループ

facebookグループで各種イベント情報の告知、テリヤキストへの質問など。

月20-30回程度、リアルイベンとして人数限定にて下記を実施しております。

例)四季折々の食材をいただく美食会

例)予約困難店!?で美味しい料理を堪能。

例)テリヤキ編集長と巡るグルメツアー

こんな人にオススメ

・グルメアプリ『TERIYAKI』を愛用されている方

・テリヤキアプリは使っていないけれどグルメな方

・美食のためなら,ついお財布の紐が緩みがちな方

・美食のためだけに、旅に出たことがある方

・美食仲間が欲しい方

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でテリヤキをフォローしよう!

美食倶楽部入会はこちらから