TERIYAKI

2019年12月25日

「ShinoiS(シノワ)」中国大陸を渡り歩いて学んだ最高の中華料理


2019年は中華の年と巷では言われてるほど、中華料理のいいお店が今年はたくさんオープンした。その中でも2019年11月という今年もあと少しで終わるというタイミングで、白金にオープンしたのが「ShinoiS(シノワ)」だ。

中華を好きで食べ歩いている人なら一度は名前を聞いたことがあるのが、同店のシェフである篠原さん。2015年RED-U35にてRED EGGグランプリを受賞し、その後上海に渡り現地の料理を学び今年日本に帰国し、11月に白金にカウンター7席と個室が1つのお店をオープンさせた。

まだ、ビル自体もオープンしたばかりなので全てが気持ちいくらい綺麗。カウンターは7席まで座ることができる。春巻きから始まり、次に登場したのが杏仁豆腐。まさかこのタイミングというのは、間違いなのではないかと思っていたが、そんなことはなく、ちゃんとこのタイミングで提供する理由もしっかりと説明してくれる。

中国料理のエッセンスに対して篠原さんの解釈を加えた独自の世界観はここでしか味わうことができない。さまざまな中華の技法を駆使して作る篠原さの料理は、グルメ好きな人なら早めに感じて欲しい。すでに数ヶ月先まで予約でいっぱいだが、どこのタイミングでTERIYAKI美食倶楽部でも会を開催したいと思っています!とにかく、2019年最高峰の中華を味わいたい方にはぜひ訪れて欲しいお店の一つです。

店名:ShinoiS(シノワ)

住所:東京都港区白金台4-2-7 bld桜なみき2F

記事の担当者:浜崎 龍

テリヤキ株式会社代表取締役。年間1,200店舗以上食べ歩いてます。グルメアプリ「TERIYAKI」やオンラインサロン「TERIYAKI美食倶楽部」の運営をしています。

Instagramアカウント:http://bit.ly/2P6aWfb

TERIYAKI美食倶楽部

facebookグループで各種イベント情報の告知、テリヤキストへの質問など。

月20-30回程度、リアルイベンとして人数限定にて下記を実施しております。

例)四季折々の食材をいただく美食会

例)予約困難店!?で美味しい料理を堪能。

例)テリヤキ編集長と巡るグルメツアー

こんな人にオススメ

・グルメアプリ『TERIYAKI』を愛用されている方

・テリヤキアプリは使っていないけれどグルメな方

・美食のためなら,ついお財布の紐が緩みがちな方

・美食のためだけに、旅に出たことがある方

・美食仲間が欲しい方

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でテリヤキをフォローしよう!

美食倶楽部入会はこちらから