TERIYAKI

2020年3月13日

【港区グルメ】創造性を増し、大きく力をつけた六本木のニューフェイス【隼 Toshi】


【港区グルメ】創造性を増し、大きく力をつけた六本木のニューフェイス【隼 Toshi】

こんにちは!TERIYAKI編集部です!本日、TERIYAKI編集部がご紹介するのは東京・六本木にお店を構えるヌーベルシノワ『隼 Toshi』です。元々は、『Fff…TOSHI』として展開していたこちらのお店が2020年の3月4日に今まで以上にパワーアップして再オープンしました!どのように進化を遂げたのか?早速、TERIYAKI編集部が訪れてきました。

 

*TERIYAKIは、東京・大阪をはじめ、全国各地の”絶対に外さない”美味しいお店を検索できるグルメサービスです。まだ世に広まっていない隠れ名店から、グルメな方であれば絶対に訪れるべき名店まで厳選してご紹介しております。

TERIYAKIのHPはこちら▷https://teriyaki.me/

iOSのダウンロードはこちら▷https://apple.co/2L50kLB

Androidのダウンロードはこちら▷http://bit.ly/2R5kTdx

 

【吉田隼之氏の新たなるヌーベルシノワ

東京・六本木の一角にお店を構えるヌーベルシノワ『隼 Toshi』。こちらのお店は元々、『Fff…TOSHI』として展開していたのですが、令和2年、3月4日に大きくパワーアップして再オープンしました。これまで表現してきたものを今一度見つめ直し、イノベーション・フュージョンの名店『長谷川稔』グループ監修のもと、修行を重ね、試行錯誤し、新たな作品を創造します。『長谷川稔料理』の独創さ、『広東料理』伝統、『吉田隼之料理』の新鋭さが見事にコラボレーションした品々になっています。

 

【創作性の増した品々と迫力のあるオープンキッチン

カウンター8席のみ、一斉スタート。1日2回転と限られた席数の為、すでに予約も先まで埋まっているという。『長谷川稔』グループに加わり、元々の広東料理の頃より「長谷川稔」らしい創作性のある品々を味わうことができます。横一列のカウンターの目の前では、30歳という若さながらお店を率いる吉田シェフが手際良く調理している姿が。最近、調理している様子を見せるお店が増えてきているが、中華料理では珍しい為嬉しいですね。

 

【ストーリー仕立ての展開に驚き満載!

メニュー名は一見すると何か分からないものばかりなのですが、それこそシェフの狙い。どれもこれも姿を現してから、「なるほど」と思うような料理ばかりでした。ストーリー仕立ての品々に次から次へと驚くこと間違いありません。30歳という若さと再オープンしてからすぐというのに、この完成度は非常に高いと言えるでしょう。今後どういう風に化けていくのか期待したいお店ですね。

 

いかがでしょうか。これから六本木のニューフェイスとしての展開に期待が膨らむお店ですね。ぜひ、TERIYAKI美食倶楽部へ入会して皆さんもこの逸品を堪能してみませんか。

 

毎日全国でグルメオフ会を開催するTERIYAKI美食倶楽部

グルメアプリTERIYAKIが運営する人数限定の会員制グルメコミュニティです。都内に限らず全国各地へ、予約を取ることが難しいお店や美味しいと話題のお店に会員の方と一緒に食べに行くイベントを開催しております。今後は、日本はもちろん、世界各国の美味しい料理を食べに世界のさまざな場所でイベントを開催します!

TERIYAKI美食倶楽部の入会ページ▷https://lounge.dmm.com/detail/692/

 

毎日グルメな情報をSNSでも更新しています!

Twitter:https://twitter.com/teriyaki_tweet

Instagram:https://www.instagram.com/teriyaki_jp

Facebook:https://www.facebook.com/gourmet.teriyaki/

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でテリヤキをフォローしよう!

美食倶楽部入会はこちらから