TERIYAKI

2021年3月21日

世界一の蟹をいろんな手法で食べさせてくれる超高級蟹の館「かに吉」


鳥取県に全国各地の食べ歩きの人が冬の時期になると集まる。それは、「かに吉」の蟹を食べる為に。1人あたりの金額は10万円を超えることもあるというが、それでも新規での予約は受け付けていないという。どんな人気店でも、なかなか10万円という金額にはならないが、それでも食べる価値があるという。どういう内容だったのか、実際にテリヤキ編集部が伺ったので、約10万円のコースをご紹介します。

「かに吉」の店舗詳細

https://teriyaki.me/articles/6443

鳥取駅から徒歩5分程の商店街の一角にお店を構える「かに吉」。鳥取県と兵庫県の県境にある浜坂漁港の仲買でもある三代目大将の山田さんが最初から最後までつきっきりで個室の6名相手に料理をふるってくれる。

(松葉蟹)

席に座るとすぐにコースがスタートし、今回使用する蟹です。という紹介の元、大きな松葉蟹が登場。ここまでの量を6名で食べるというから驚き。

(蟹味噌)

一品目は、濃厚な蟹味噌からスタート。蟹の旨味がたっぷり入っており、最初から最後まで度肝を抜かれるおいしさ。

(蟹の刺身)

(蟹の焼き)

(蟹のフライ)

浜坂がにをこんな贅沢なフライに仕上げるお店は見たことない。

(蟹のルイベ)

(浜坂がに)

(三代目山田大将)

テーブル席の目の前で全ての料理を調理してくれる。こんなに素材を活かした蟹料理はここだけ。

(刺身から茹でまで)

蟹というものを色々な調理方法で楽しませてくれる。本当に蟹以外はほぼ出てこない(笑) 全てが蟹だらけで、お腹いっぱいになります。

(蟹そうめん)

出汁に蟹の身をほぐした、蟹そうめん。

(蟹雑炊)

〆のご飯は、蟹雑炊。これが濃厚な味わいで本当に美味しい。ここに到達するまでにかなりお腹いっぱいでしたが、美味しいのでサラッと食べられてしまいます。

まだ、全ての料理写真をアップできなかったが、まだ数品あったりします。こんなに浜坂ガニを食べれるというのは、普通のお店ではありえない。

刺身、焼き、ルイベ、茹で、揚げ、鍋、雑炊、蟹酒など蟹の素材をシンプルに活かして最大限のおいしさを生み出す調理方法を一通り味わうことができて、幸せでした。

ここまで蟹を食べ尽くせるのは、本当に日本中探しても「かに吉」だけな気がします。しかも、衝撃的だったのがこんなに素手で蟹を食べても全く蟹の匂いが手に付かないということ。上質な蟹になると、匂いがつかないので、店内はもちろん、手にも全くつかなったです。

今では、情熱大陸にも出演されたこともあり新規での予約は取れない可能性が大ですが、どこかで機会があれば、蟹好きな人ならぜひ伺って欲しいお店です。

TERIYAKI編集長 浜崎 龍

テリヤキ株式会社 代表取締役。全国各地を飛び回り、本当に美味しい料理を提供するお店の情報を発信している。グルメアプリ「TERIYAKI(テリヤキ)」やオンラインサロン「TERIYAKI美食倶楽部」、グルメECサイト「TERIYOSE」などの運用を行う。

Twitter:https://twitter.com/ryu_hamasaki

Instagram:https://www.instagram.com/ryu_hamasaki/?hl=ja

グルメアプリTERIYAKIが運営する人数限定の会員制グルメコミュニティです。都内に限らず全国各地へ、予約を取ることが難しいお店や美味しいと話題のお店に会員の方と一緒に食べに行くイベントを開催しております。今後は、日本はもちろん、世界各国の美味しい料理を食べに世界のさまざな場所でイベントを開催します!

TERIYAKI美食倶楽部の入会ページ▷https://lounge.dmm.com/detail/692/

毎日グルメな情報をSNSでも更新しています!

Twitter:https://twitter.com/teriyaki_tweet

Instagram:https://www.instagram.com/teriyaki_jp

Facebook:https://www.facebook.com/gourmet.teriyaki/

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でテリヤキをフォローしよう!

美食倶楽部入会はこちらから