TERIYAKI

2016年8月18日

南青山の隠れ家フレンチL’AS


2016年8月17日(水)、南青山にある隠れ家レストラン「L’AS」で美食会を行いました。

料理は5,000円のコースのみという。なぜそんなにも比較的お手ごろな価格で提供しているのか?

WEBページによると、

「私たちのレストランは、全てを満たす完璧な高級店を目指すのではなく、おいしい料理、おいしいワインを楽しむ事に特化した店作りを進めてみました。

5,000円というコースに思いを込め、正直でシンプルな経営を行い、分かりやすく、リーズナブルなことを心がけました。」

とあります。

 

こうしたお店の意思を以ってしてどんな料理が提供されるのか?、各々が期待を込めて、L’ASの世界感を堪能しました。

 

 

まずはじめに出てきたのは、スイカと梅干のひとくちスープ

ほどよいスイカの甘みに梅の酸味を効かせているスープで、さっぱりとしたどこか懐かしい味わい。

夏らしい爽やかな感覚が颯爽と口から喉の奥、さらには鼻へと駆け抜けていきます。

 

 

続いて、L’ASスペシャリテ フォアグラのクリスピーサンド”マンゴー風味”

ハーゲンダッツのアイスをイメージして作っているそうです。

冷たいマンゴーのソースがフォアグラの周りを纏い、マンゴーの甘さでスイーツのような感覚が感じられます。

マンゴーのソースがとろけ、次に現れるのはフォアグラの濃厚でコクのある味わい。

さらにサンドしているラングドシャのようなクッキー生地のパリパリとした食感がいいアクセントになっています。

 

 

L’ASスタイルのタトゥイユ

通常、ラタトゥイユとは赤い色をしたスープを思い浮かべますが、L’ASのそれは違います。

トマトの果肉とエキスでわけているとのこと。

ラタトゥイユの上にはオリーブオイルのアイス。

 

フランス産  マッシュルームのシーザーサラダ

温泉卵ソース、パルメザンチーズ、ラルド(豚の背脂の香辛料漬け)

生のスライスとソテーの2種類。

上にはこだわり卵の温泉卵。イタリアさんのチーズアルミジャーノレッジャーノ。

スプーンで混ぜて一緒に。

 

 

長崎県産 太刀魚のポワレ

オクラのラビゴットソース(グリーンオリーブ、ケッパー、キュウリ、枝豆)

皮目はパリッと、中は少しレアな状態での焼き加減。

ソースはスープ仕立て。

 

5週間熟成 ニュージーランド産子羊のロースト

燻製させたインカの目覚めのピューレを添えて

ニュージランド産の熟成子羊背肉のレスト

赤ワインソース。

黄色は北海道産1年間熟成させたインカの目覚めを燻製させたバターに。香り高く。

上にはインカの目覚めのチップス。

パイナップルのグラニテ

お口直しのシャーベット

パイナップル風味。さっぱりとしています。

 

 

濃厚なチョコレートのクネルとガレドラロワール(フランスさんウォッシュチーズ)サマートリュフを散らして

 

濃厚なバローナのチョコレート

ウオッシュタイプのチーズ、サマートリュフ

3つをすべて合わせて食べるのがオススメ、とのこと。

広島県 梶谷農園から届いた季節のフレッシュハーブティー

アップルミント、スペアミント、ペパーミント、レモンバーム

 

 

 

 

 

今後の美食倶楽部にも注目です!

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でテリヤキをフォローしよう!

美食倶楽部入会はこちらから