TERIYAKI

2018年4月7日

限定30人!完全会員制のレストラン【HIBACHI】に潜入!


食通の間で話題沸騰中のレストランが麻布十番にある。その名も【HIBACHI】。なぜそんなに食通の間で話題を集めているのかというと、入店条件にあるからだ。その条件となるのが、オープンの時に会員であった30名のうちの誰かと一緒に来ないと入ることができないというお店だ。今回、偶然にもTERIYAKI編集部が【HIBACHI】に入ることができた。謎に包まれていた【HIBACHI】の全容を明らかにしていく。

麻布十番にある同店。先ほども言ったように、会員30名のうちの誰かに連れて来てもらわないと入ることができない究極の会員制レストランだ。店内に入ると、そこには大理石でできたカウンター席が目の前に広がる。金と銀のタイルなどもあり、全体的にシックな印象だ。

料理は「おまかせコース」一本のみ。料理が始まる前に、本日使用する食材です。という形で最高級の食材を全部見せてくれる。同店のオーナーには、築地の仲卸『やま幸』がいるため魚介類の品質は言うまでもない。

そんな最高級の食材の数々を調理してくれるのが、若きシェフ佐藤隆亮さんだ。フランスで料理の修業経験があるという彼が作り出す料理は独創的で食べていて、驚きに満ち溢れる品ばかり。カウンター席の目の前では、佐藤さんが調理している姿もしっかりと見ることができる。最高級の食材を惜しげも無く使い一つの料理へと昇華させていく様子を目の当たりにできるには本当にここだでしか味わうことができない体験だ。

コースの最後の方には〆としてナポリタンが提供されるのだが、それがまた絶妙に美味しいのだ。甘めのトマトソースと麺との相性が最高。ここのナポリタンと食べたら他で食べるのに相当ハードルがあがる。ナポリタン以外にもカレーやチャーハン、オムライスなどにも対応してくれる。自分の食べたいものを注文できるのが嬉しい。

最高級の食材と佐藤さんの手腕で味わえる最高峰の料理。それを引き立てるかのようにワインの品数も豊富なのだ。自分の今飲みたい気分を伝えることでソムリエがそのタイミングで最適なワインを選んでくれる。

食材、技術、空間、サービス、ドリンク全てが一流である同店。今回は特別に「TERIYAKI美食倶楽部」で5月に貸切をさせて頂くことが決定しました。今、TERIYAKI美食倶楽部に入会すればもしかしたら行けるかも!?
TERIYAKI美食倶楽部の詳細はこちら▷https://lounge.dmm.com/detail/692/

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でテリヤキをフォローしよう!

美食倶楽部入会はこちらから