TERIYAKI

2018年5月7日

和と中華の技法を凝らしたカウンタースタイルの中華料理店【にしぶち飯店】


TERIYAKI美食倶楽部 in 京都ということで、1日目の夜に訪れたのは、八坂神社から南に位置する静かで趣のある雰囲気が魅力の中華料理店『にしぶち飯店』です。京都の中でもトップクラスに予約を取ることができないお店として全国から食通の方が来られています。かなりのプラチナ席である、今回の食事会。果たしてどのような会になったのでしょうか。全容をレポートします。

祇園にお店を構える京都を代表する中華の名店『にしぶち飯店』。祇園の路地裏にあるため、とても落ち着いた雰囲気になっています。

今回はカウンター10席の貸切会。しかも、カウンター席からは西淵さんの調理している様子も見ることができるのです。

最初に登場したのが、冷製ビーフン。非常に彩りでビーフンの食感とホタルイカ、やまいもとの相性が素晴らしい。

(冷製ビーフン ホタルイカ やまいも)

続いて登場したのが、チャーシューにブルーチーズを乗せた一品。皮のパリパリした食感とチーズがこんなにも合うのかと思わせてくれるほど素晴らしい一品。

(チャーシュー ブルーチーズ)

金目鯛とのどぐろの上に揚げネギを乗せた一品。九条ネギのソースを付けて味わいます。

(のどぐろ 金目鯛 九条ネギのソース )

ネギ油で炒めたフカヒレ、チンゲンサイと一緒に煮込んだ品。フカヒレをネギ油で炒めることで、表面の食感と中フワフワの食感との2つの食感を味わうことできます。こんなに、洗練されたフカヒレ料理はなかなか味わうことができません。

(フカヒレ)

肉料理は、カイノミを中国山椒のソースで味わう一品。肉の柔らかさとソースとの相性が抜群。付け合わせのアスパラガスもシャキシャキで美味しいです。

(カイノミ ロースト アスパラ 中国山椒)

こちらは揚げた甘鯛を野菜とスープと煮込んだ一品。甘鯛の美味しさとスープの優しい味とが最高の一品。

(甘鯛の野菜スープ)

(桜海老のチャーハン)

(ハマグリのラーメン)

(杏仁のムース いちごソース)

京都を代表する街「祇園」で味わえる和食の技術をベースにした中華料理は、最初から最後まで洗練された今まで類を見ない素晴らしい料理の数々でした。

TERIYAKI美食倶楽部では、全国の美味しいと評判のお店に会員同士で食べに行ったり、お店の情報を共有するなど「食」に特化したサロンです。ぜひ、入会して一緒に素敵な「食」を楽しみましょう。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でテリヤキをフォローしよう!

美食倶楽部入会はこちらから