TERIYAKI

2018年7月9日

孤独のグルメファン必見!TERIYAKIメンバーで聖地巡礼in東京


『時間や社会にとらわれず、幸福に空腹を満たすとき、束の間、彼は自分勝手になり、自由になる。誰にも邪魔されず、気を遣わずものを食べるという孤高の行為。この行為こそが、現代人に平等に与えられた、最高の癒しといえるのである。』冒頭ナレーションより引用熱狂的なファンの間では井之頭五郎が訪れたお店を【聖地】と呼び、それを巡る行為を【聖地巡礼】と称す。今回はTERIYAKI美食倶楽部のメンバーで聖地巡礼をして参りました!6月某日天候が怪しい中、美食倶楽部の面々が集う。記念すべき第一軒として訪れたのは木場にお店を構える【タンドール カマルプール】です!ピークをずらし13時半に伺ったのですが、店前には列が出来ていました。扉が開くたびにカレーのいい香りが我々の鼻腔をくすぐる。20分が過ぎた頃、ようやく席に案内される。この時間帯はランチプレートが人気ですが、アラカルト注文も受け付けてくれます!(手前)チーズクルチャ/(奥)ゴルゴンゾーラクルチャ(ハイジ)チーズフリークにはおすすめの逸品です!中から溢れるチーズが一瞬で口を占拠。生地もサクッ、モチッと病み付きになります!ゴルゴンゾーラにはハチミツがたっぷり。ラムのクミン焼きラム断面中がほんのりピンク。レモンとソースを垂らしていただきます。身が柔らかく、ガツンとした旨みがじわじわと訪れます。ラムミントカレー「あっ、いい。これ、いいんだす文明。ミントより、ちゃんとカレーが勝ってる。ミントを従えたカレーだ。インドは奥が深い。ラム、また合う。ラムミントなんて、どっかのアイスクリームみたいな名前なのに」byゴローさん名物鯖カレー酸味と生姜が聞いていてさっぱりとした一品。バスマティライスインドカレーには欠かせない!カキチャーハンビリヤニの味付けだが、炊き具合はリゾットそのもの。随所に散らばカキとパクチーが食欲を促す!続いて一行は【砂町銀座】へ足を運びました。下町情緒あふれる商店街を練り歩くと、数々のお惣菜やさんが軒を列ねる。おでん2軒目は【増英蒲鉾店】のおでんをいただきました。ここのおでんは一串60~100円程度とリーズナブル。しかも、デカイ!全部の種がとにかくデカイ!!大量に購入する方々も多数。じゃがいも大根孤独のグルメでも紹介されていた【あさり屋さん】であさりご飯をお土産に♪3軒目は砂町銀座の端に店を構える【竹沢商店】です!こちらも人気店のようで行列でした。もつ煮こちらも一本100円ながらゴロっとボリューム満点でした!食肉センター直送なのでコスパの良さに頷けます。続いて舞台は亀戸へ。4軒目は【珈琲道場 侍】です!亀戸駅の目の前とアクセス抜群の喫茶店。扉を開けると独特の世界観が広がります。モーニングはドリンクに+100円でトーストとサラダが付くようです!侍オリジナルブレンド水出しアイスコーヒーコーヒーを啜りながらグルメトークに。嬉々としてお互いのおすすめ店を語らう一同の瞳は輝いていました笑一人一人が食好きなので、そこで交わされた口コミには確かなものがあります!コーヒーゼリー水出しコーヒーから作ったゼリーにon the バニラアイス。ほろ苦さと甘さが絶妙でした!最後に訪れたのは、池袋の【中国家庭料理 楊 2号店】です!ここでは中国の家庭料理をはじめ、激辛の四川料理が堪能できます。青島ビール☆空芯菜炒め☆黒酢香腸炒飯皮も手作り焼餃子四川麻婆豆腐汁なし担々麺混ぜるな危険!!ソフト麺に絡まる真っ赤なタレ。一見するとナポリタンみたいだけど、辛い香りがここまで漂ってきます笑麻辣が絡みついた麺がネットリと口の中を蹂躙。汁っ気の無さが辛ウマさを引き立てる。他の四川料理も非常に気になりました!ここは是非再訪したいですね。池袋には他にも2店舗あるようです。今回はなんとか天気ももってくれたおかげで5軒巡ることが出来ました!日頃の食事会や食べ歩きイベントは、食事の場であると同時に情報交換の場でもあります。食好きの方々から得る生の情報こそ最強の口コミだと感じます。頻繁に有益な情報が飛び交う。それがTERIYAKI美食倶楽部の良いところだと染々思います。是非、皆さんもTERIYAKI美食倶楽部に入会して一緒に美食の道を突き進みましょう!!

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でテリヤキをフォローしよう!

美食倶楽部入会はこちらから