TERIYAKI

2018年7月19日

〈テリヤキ編集部レポ〉”世界一安いミシュランレストラン”と称される香港の点心レストランが日比谷にオープン!


“世界一安いミシュランレストラン”と称される香港の点心レストラン『添好運 / Tim Ho Wan』が日比谷ミッドタウンにオープン。4月に上陸してからなかなか行くタイミングがなく、ようやくの訪問。平日の20時ごろに訪れたが約1時間並んでようやく店内に入ることができた。価格帯は、500円前後の価格のメニューのみ。どのメニューを注文しても、この価格でこのクオリティは信じられない。

名物の「ベイクドチャーシューバオ」は、メロンパンのような生地の中にチャーシュー餡を入れた一品。中を割るとトロッとしたチャーシューが出てくる。甘さのあるパンとチャーシューとの相性が絶妙。

(ベイクドチャーシューバオ)

(スペアリブの蒸しご飯)

(きのこと筍の揚げ春巻き)

(海老の蒸し餃子(ハーガオ)

(本日のココナッツミルク タピオカ入り)

(チャーシューのチョンファン)

開店してからすでに3ヶ月が経つがまだまだ行列が途切れることはなさそう。狙い目な時間としては平日の21時ごろかもしれない。どれを注文しても美味しいので、ぜひ大人数でいろんなメニューを食べてみてほしい。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でテリヤキをフォローしよう!

美食倶楽部入会はこちらから