TERIYAKI

2018年7月20日

京都のディープな雰囲気を堪能しよう!絶品深夜メシはここで決まり!!


京都、木屋町と先斗町の間を結ぶ「13番路地」というかなりディープな雰囲気が漂うところにあるテリヤキ掲載店をご紹介します。

入り口となる目印はこの「13番路地」と書かれた標識のみ。ディープな雰囲気の中歩いて行くと左側に「サクの間」と書かれた看板を発見!

そのまま「サクの間」はこちらと書かれているので、そのまま細い道を進んで行くとバーらしきお店が登場。ここが噂の「サクの間」。

深夜から早朝まで営業しているこちらのお店では、深夜に食べたくなる料理ばかり。今回はテリヤキスト本田直之さんがオススメしていた、「オムそば」と「とん平焼き」を注文!

先に登場したのは「とん平焼き」。関西で食べられることが多いとん平焼き。豚肉や野菜が入っていて、サラッと食べられる一品。

そして名物の「オムそば」が登場。綺麗な半熟卵。その上にはオーロラソースがかかっています。中を割いてみると、そこには甘みのあるソースでできたそば飯がたっぷり入っています。これを深夜に食べれるのは反則です。

営業時間はなんと早朝5時まで。京都で食べて飲んで、2軒目や3軒目として利用したいお店です。一度訪れると病みつきになること間違いなし!!

【店舗情報】

えなみ家 サクの間

京都府京都市中京区木屋町てるや小路東入ル13番路地

詳細はこちら▷https://teriyaki.me/sp/curator/C39/A5194

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でテリヤキをフォローしよう!

美食倶楽部入会はこちらから