TERIYAKI

2018年11月14日

火入れが絶妙なしっとりレバーに唸ること間違いなし!人気焼き鳥店「とり茶太郎」


今日のご紹介は、渋谷駅から桜丘方面に歩くこと10分ほどの場所にひっそりと佇む焼鳥屋「とり茶太郎」。テリヤキスト堀江貴文氏も通う、隠れ家的な人気店だ。人気の秘訣は、和歌山の紀州備長炭を使用し、比内地鶏やホロホロ鳥を丁寧に焼き上げるこだわりの手仕事にある。大将の食への探究心を垣間見ることができるそのメニューの数々をお見せしたい。

まずは前菜3種から。

ほうれん草 とトマトの茶碗蒸し、ホロホロ鳥のパテ、鶏肉梅肉和え。

ホロホロ鳥の刺身。ロースとモモの刺は、コクがあり口の中でとろける食感。くさみやクセは全くなく、上品な味わい。

ここから焼き鳥のスタート。

比内地鶏の胸肉。プリッとハリのある肉は柔らかく、なんともジューシーだ。

砂肝。コリコリとした歯触りが心地良い。

心臓と肝臓をつなぐ鶏の希少部位である、つなぎ。サックリとした食感がクセになる。

つくねはジューシーでコクのある肉汁がたっぷり閉じ込められていて、食べ応え十分!

うずら。

箸休めの野菜。

火入れが素晴らしいレバー。しっとり柔らかく、こっくりとした味わい深い仕上がりはまさに絶品!

ここならではの珍しいメニュー。鴨のユッケ。

鴨ロース。締まった身からは、噛めば噛むほど鴨肉の味わいを感じることができる。

比内地鶏のネギ間。

里芋は、ほっくりアツアツで美味しい。

チーズと塩レバー。絶妙で濃厚なマッチングだ。

椎茸の肉詰め。椎茸とつくねが織りなすジューシーな味わいが素晴らしい一品。

〆は 雑炊、卵かけご飯、茶漬けの3種類から選ぶことができる。今回は雑炊と茶漬けをオーダー。

鶏のダシがたっぷり効いた雑炊は体に沁みる美味さ。いくらでも食べられるほどのやさしい味わいだ。

さっぱりと〆たい人には、茶漬けがおすすめ。こちらも鶏のダシを存分に感じることができる。

「とり茶太郎」のコースは、基本的にストップ制となっている。1本1本に食べ応えもあるため、10本程度で程よくお腹がいっぱいになって来る。どれも食材の美味しさを最大限に引き出す趣向が凝らされており、大将のこだわりを感じることができる素晴らしい串ばかりだ。〆も3種類の中からどれを選ぶか、毎回迷うところ。お腹いっぱい食べても1万円以内で収まるコスパの良さも嬉しい。

お世辞にもアクセスが良いとは言えない立地にも関わらず、その手仕事の素晴らしさから常時人で賑わう人気焼き鳥店「とり茶太郎」。ぜひ事前に予約してから訪店することをおすすめしたい。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でテリヤキをフォローしよう!

美食倶楽部入会はこちらから