TERIYAKI

2020年9月23日

【港区グルメ】素材の味わいをしっかりと感じられるクラシックフレンチの登竜門【Le Bourguignon】


【港区グルメ】素材の味わいをしっかりと感じられるクラシックフレンチの登竜門【Le Bourguignon】

こんにちは。TERIYAKI編集部です。

本日ご紹介するテリヤキ掲載店は、東京、西麻布にお店を構え、クラシックフレンチの登竜門とも言える名店『Le Bourguignon(ル・ブルギニオン)』です。ブルゴーニュ地方で経験を積んだ菊地シェフによる料理の数々は食べ手を楽しませてくれるクラシカルなフレンチを提供してくれます。どのようなフレンチなのか、早速TERIYAKI編集部が訪れて来ました。

TERIYAKI編集部の記事はこちら▷https://teriyaki.me/articles/6799


*TERIYAKIは、東京・大阪をはじめ、全国各地の”絶対に外さない”美味しいお店を検索できるグルメサービスです。まだ世に広まっていない隠れ名店から、グルメな方であれば絶対に訪れるべき名店まで厳選してご紹介しております。

TERIYAKIのHPはこちら▷https://teriyaki.me/

iOSのダウンロードはこちら▷https://apple.co/2L50kLB

Androidのダウンロードはこちら▷http://bit.ly/2R5kTdx

【ブルゴーニュを日本の色に合わせて】

 

東京、六本木駅から少し歩いた場所にお店を構えるクラシックフレンチ『Le Bourguignon(ル・ブルギニオン)』。店名からも察すことができる通り、こちらでシェフを務める菊地氏はもともと、フランスのブルゴーニュ地方にて修行を積まれていました。その後、日本へ帰国し、『アンフォール』にてシェフを務めた後の2000年に、『Le Bourguignon(ル・ブルギニオン)』をここ西麻布にオープンさせました。

【素朴ながらも味わい深いスペシャリテ

本日はランチタイムでの訪問。ランチのコースは3段階あり、本日は一番カジュアルなコースをいただくことにしました。本コースでは、5種類の前菜から1品、本日のお魚料理、3種類のお肉料理から1品、4種類のデザートから1品となっています。前菜ではスペシャリテの「人参のムース ウニとコンソメのジュレ」を、お肉料理では「鴨肉のロースト」、デザートでは「赤ピーマンのプリン」をいただくことに。やはりスペシャリテというだけあり、「人参のムース ウニとコンソメのジュレ」は、自然の甘みがあり、他では味わえないような一品となっております。

【オープン当初から変わらず存在する唯一無二のデザート

その後、本日のお魚料理として、「ヒラメのグリル」を。お肉料理として「鴨肉のロースト」を味わいましたが、どちらもポーションが大きめで食べ応えは十分。特に鴨肉はかなり味わい深い料理となっていました。そして、食後にいただいたのが、オープン当初から提供されているという赤ピーマンのプリン。一見ミスマッチのように思える組み合わせですが、食べると口の中で広がるピーマンの香りとまろやかなテイストの味わいが絶妙な雰囲気を作り出しています。確かに、オープンから変わらずあり続ける理由がよくわかります。

いかがでしょうか。『Le Bourguignon(ル・ブルギニオン)』では、クラシカルなフレンチの登竜門として健在する理由がよくわかる品々を心からゆっくりと味わうことができます。ぜひこの機会に、TERIYAKI美食倶楽部へ入会して、一緒に訪れてみませんか?

毎日全国でグルメオフ会を開催するTERIYAKI美食倶楽部


グルメアプリTERIYAKIが運営する人数限定の会員制グルメコミュニティです。都内に限らず全国各地へ、予約を取ることが難しいお店や美味しいと話題のお店に会員の方と一緒に食べに行くイベントを開催しております。今後は、日本はもちろん、世界各国の美味しい料理を食べに世界のさまざな場所でイベントを開催します!

TERIYAKI美食倶楽部の入会ページ▷https://lounge.dmm.com/detail/692/

毎日グルメな情報をSNSでも更新しています!

Twitter:https://twitter.com/teriyaki_tweet

Instagram:https://www.instagram.com/teriyaki_jp

Facebook:https://www.facebook.com/gourmet.teriyaki/

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でテリヤキをフォローしよう!

美食倶楽部入会はこちらから