TERIYAKI

2020年11月19日

【恵比寿グルメ】恵比寿に現れた劇場型の中華料理店。食通が通い詰めること間違いない。【WASA】


【恵比寿グルメ】恵比寿に現れた劇場型の中華料理店。食通が通い詰めること間違いない。【WASA

こんにちは。TERIYAKI編集長の浜崎です。
本日ご紹介するのは、2020年10月にオープンしたばかりの中華料理店『WASA』。以前までは六本木ヒルズにお店を構えていたのですが、2019年7月に閉店し、1年以上の空白を経て新しく恵比寿にてオープンしたとのこと。移転をする度に、料理のレベルが格段に上がり、その度に多くの食通が注目する名店へとなっていきました。今回オープンしたお店では、どのような進化を遂げたのか。早速ご紹介いたします!

TERIYAKI編集部の記事はこちら▷https://teriyaki.me/articles/7081

*TERIYAKIは、東京・大阪をはじめ、全国各地の”絶対に外さない”美味しいお店を検索できるグルメサービスです。まだ世に広まっていない隠れ名店から、グルメな方であれば絶対に訪れるべき名店まで厳選してご紹介しております。

TERIYAKIのHPはこちら▷https://teriyaki.me/

iOSのダウンロードはこちら▷https://apple.co/2L50kLB

Androidのダウンロードはこちら▷http://bit.ly/2R5kTdx

【山下氏の新たなる挑戦】

東京、恵比寿にお店を構える中華料理『WASA』。こちらのお店の名前を聞けば、食通の方であれば誰もが気になること間違いありません。同店で腕を振るうのは、山下 昌孝氏。『福臨門酒家』にて6年間料理の基本を学び、後に麻布の四川料理『Epicer』で3年ほど勤務。その後、岐阜の名店『開化亭』の古田氏に師事することに。独立後、『わさ』を開業し、2度目の移転となり、山下氏の新たなる挑戦が始まります。

【日々変化するこだわりのお任せコース

店内へ訪れてみると、カウンター席はなく、独立したテーブル席のみとのこと。テーブル席からはシェフが調理をしている姿を見ることができるので、ライブらしさを体験することができるでしょう。提供していただくのは、お任せコース(25,000円)のみとのこと。日によって提供される料理は変わり、10品ほどの料理を楽しむことができます。

【中華を極めし者の極上の炒飯

独創的なスタイルで提供される料理は、どれも繊細な品が多い印象でした。個人的にかなり美味しいと思ったのは、スペシャリテの炒飯。お米1粒1粒が玉子で丁寧にコーティングされた炒飯は、とてもパラパラとしており、旨味がギュッと詰まった一品となっています。まさに中華を極めし者にこそ、表現できる極上の逸品と言えますね。

いかがでしょうか。『WASA』では、これまで以上にクオリティが高まった素晴らしい品々を味わうことができます。ぜひこの機会に訪れてみてはいかがでしょうか?

このようなグルメ活動をTERIYAKI美食倶楽部でも行っていますので、ぜひ入会して、ここだけの食体験を一緒にしてみませんか?

毎日全国でグルメオフ会を開催するTERIYAKI美食倶楽部

グルメアプリTERIYAKIが運営する人数限定の会員制グルメコミュニティです。都内に限らず全国各地へ、予約を取ることが難しいお店や美味しいと話題のお店に会員の方と一緒に食べに行くイベントを開催しております。今後は、日本はもちろん、世界各国の美味しい料理を食べに世界のさまざな場所でイベントを開催します!

TERIYAKI美食倶楽部の入会ページ▷https://lounge.dmm.com/detail/692/

毎日グルメな情報をSNSでも更新しています!

Twitter:https://twitter.com/teriyaki_tweet

Instagram:https://www.instagram.com/teriyaki_jp

Facebook:https://www.facebook.com/gourmet.teriyaki/

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でテリヤキをフォローしよう!

美食倶楽部入会はこちらから