TERIYAKI

2021年3月31日

【京都グルメ】まんぼ焼き発祥のお店「山本まんぼ」


山本まんぼ

「粉もん」といういうと大阪や広島のお好み焼きをイメージする人も多いかと思います。けど、意外かもしれないですが「京都」にもお好み焼きや焼きそばを筆頭に「粉もん」のお店が何店舗もあるんです。

そんな「粉もん」のお店で京都発祥の食べ物である「まんぼ焼き」の発祥のお店を紹介します。

「山本まんぼ」の詳細はこちらから
https://teriyaki.me/articles/7432

(お店の外観)
JR京都駅から徒歩10分ほどの場所にお店を構える「まんぼ焼き」発祥のお店「山本まんぼ」。昭和25年創業のお店ですが、去年移転されて、シンプルでモダンな雰囲気のお店になりました。店内はカウンターとテーブル席があり、一人で来店されてもゆっくりと食事ができるような雰囲気にもなっています。

(メニュー)

店内に入ると柱にメニューが記載されており、お好み焼きメニュー以外にも鉄板焼きや一品メニューも多く並びます。今回は初めてということもあり、いつもより多めに注文させて頂きました。

名物!ホルモン焼き(550円)

同店の鉄板焼きのメニューの中で名物を飾るのが上記の一品。意外とあっさりとした味わいで、量も多くないのでサクッと食べれてしまう。

(名物!まんぼ焼き)

鉄板焼きで作られる「まんぼ焼き」は粉を引いて、肉、イカ、ホルモン、油かす、たくあん、紅生姜、ねぎをのせてから焼きます。その後に、キャベツと麺を焼き、ソースを絡めた麺を粉の上にのせ、つなぎをかけて両面を焼くと出来上がり。卵は「よく焼き」「半熟」「生」から選択できるので、自分の好みで伝えるのがおすすめ。ソースは3種類から選択でき、こちらも好みの辛さで。

(べた焼き)

べた焼きとは、古くから京都下町で食べられてきたお好み焼きのようなものです。クレープ状の薄い生地をひいて、その上にキャベツをのせ、ネギや紅しょうが、イカ、ホルモンなどを入れて焼きあげています。

(焼きそば)

(ホルモンのソース焼き飯)

名物のまんぼ焼きを筆頭に美味しい粉物や炭水化物メニューを味わえる同店。京都駅からも徒歩10分ほどという距離なので、京都駅から帰る時の最後のランチとかで寄って食べるのもおすすめ。最近移転されたので、店内非常に綺麗で清潔な印象です。カウンターでは1人で来られてるお客さんも多かったので、ぜひ1人でも。

TERIYAKI編集長 浜崎 龍

テリヤキ株式会社 代表取締役。全国各地を飛び回り、本当に美味しい料理を提供するお店の情報を発信している。グルメアプリ「TERIYAKI(テリヤキ)」やオンラインサロン「TERIYAKI美食倶楽部」、グルメECサイト「TERIYOSE」などの運用を行う。

Twitter:https://twitter.com/ryu_hamasaki

Instagram:https://www.instagram.com/ryu_hamasaki/?hl=ja

グルメアプリTERIYAKIが運営する人数限定の会員制グルメコミュニティです。都内に限らず全国各地へ、予約を取ることが難しいお店や美味しいと話題のお店に会員の方と一緒に食べに行くイベントを開催しております。今後は、日本はもちろん、世界各国の美味しい料理を食べに世界のさまざな場所でイベントを開催します!

TERIYAKI美食倶楽部の入会ページ▷https://lounge.dmm.com/detail/692/

毎日グルメな情報をSNSでも更新しています!

Twitter:https://twitter.com/teriyaki_tweet

Instagram:https://www.instagram.com/teriyaki_jp

Facebook:https://www.facebook.com/gourmet.teriyaki/

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でテリヤキをフォローしよう!

美食倶楽部入会はこちらから