TERIYAKI

2021年7月1日

【三軒茶屋グルメ】こだわり抜いた食材による究極のタコスが味わえるお店「LOS TACOS AZULES(ロス タコス アスーレス)」


東京・大阪を中心に全国各地の”美食”を求め、人気店や通だからこそ知る隠れたレストランにてオフ会を開催する国内最大級のグルメオンラインサロン『TERIYAKI美食倶楽部』。
以前、「TERIYAKI美食倶楽部」のオフ会でも利用し、今後もカウンター貸切会もするかもしれない「ロス タコス アスーレス」の様子をレポートしていきます。

TERIYAKI美食倶楽部は、テリヤキ編集部が運営する人数限定の会員制グルメコミュニティです。都内に限らず全国各地へ、予約を取ることが難しいお店や美味しいと話題のお店に会員の方と一緒に食べに行くイベントを開催しております。従来では、体験出来ないような食体験やTERIYAKI美食倶楽部ならではのイベントへぜひ参加してみませんか。

TERIYAKI美食倶楽部の入会ページ▷https://lounge.dmm.com/detail/692/

【青色のトルティーヤが特徴のタコス】

東京・三軒茶屋駅から徒歩10分ほどの飲食店があるエリアにお店を構えるメキシコ料理店「LOS TACOS AZULES(ロス タコス アスーレス)」。メキシコ料理といえば一番最初にイメージがされるのが、タコス。そのタコスをカジュアルフードで終わらせるのではなく、日本の寿司のように高級料理にもしていきたいという信念を持つメキシコ人のマルコさんが手掛けるお店。

メキシコの農家から取り寄せた在来種のトウモロコシを使用して自家製粉している。トルティーヤの元になるとうもろこしは、遺伝子操作されていない貴重な在来種のブルーコーンを使用している。そのため、トルティーヤ自体が青い色になる。

【日本の食材と合わせたここだけでしか食べれない創作感のあるタコス】

青色の変わったトルティーヤに合わせる食材は、日本の食材で合わせることが多く、今までは魚介系の食材が多かったが、コロナの影響で夜営業ができないので、モーニングの時間帯は肉系の食材での組み合わせも。

今回食べた「焦がしナスと山羊のチーズ」のタコスは今までに食べたことない味わいで非常に美味しく、面白い組み合わせだった。ナスのペーストとフレッシュな山羊チーズがここまで合うとは思ってもなかった。

【過去にはTERIYAKI’s BEST RESTAURANT2020でSILVERを獲得する実力店】

グルメメディア「TERIYAKI」が年に1度テリヤキストが集い、どこのお店が良かったかを決める「TERIYAKI’s BEST RESTAURANT」で年に10店舗ほどしか選出されないお店の一つとして、テリヤキストからも選ばれたことがあるほどの実力店。

日本ではまだまだ馴染みがないタコスというものをカジュアルな料理だけで終わらせず、高価価格帯の料理にしていくというチャレンジをしているお店はないので、TERIYAKIとして今後も応援していきたい。

TERIYAKI代表 浜崎 龍

テリヤキ株式会社 代表取締役。全国各地を飛び回り、本当に美味しい料理を提供するお店の情報を発信。グルメアプリ「TERIYAKI(テリヤキ)」やオンラインサロン「TERIYAKI美食倶楽部」、グルメECサイト「TERIYOSE」などの運用。

Instagram:https://www.instagram.com/ryu_hamasaki/

Twitter:https://twitter.com/ryu_hamasaki

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でテリヤキをフォローしよう!

美食倶楽部入会はこちらから