TERIYAKI

2019年7月18日

【照寿司 渡邉×堀江】学生時代は柔道をやっていて、運動神経抜群のマルチなアスリート


堀江 どんな子どもだったの?
渡邉 今と変わらない。ちょっとお調子乗りでしたね。
堀江 子どものころの将来の夢は?
渡邉 天の邪鬼なんで、フレンチの料理人になりたかったです。
堀江 料理人は料理人なんだ。よかったね、完全に鮨のほうがいいよ。
渡邉 わはは。
堀江 学生の頃はなにをしてたの?
渡邉 柔道です。東海大の付属校から国際武道大学までがっつりと。
堀江 それはめちゃくちゃしっくりくる(笑)でも全然“餃子耳”じゃないよね。
渡邉 そうなんですよね。その頃はすごく痩せていたので、78キロ級でした。
堀江 えー、重量級じゃないんだ。
渡邉 ふふふ、腹筋はバキバキに割れていたし、懸垂40回、ベンチプレス160キロ、100メートルは12秒台。なんでもマルチにできる男だったんですから!
堀江 え、ちょっと待って、100メートルが12秒台!?
渡邉 そうですよ。400メートルも1分切っていましたからね。とんでもないアスリートですよ!
堀江 なにがあって今の体型になったの!?
渡邉 積み重ねたストレスが満腹中枢を破壊していったんですよ…
堀江 ちょっと、体には気をつけてよ。

「えらいよ!強いのに我慢できる男が一番強いんだよ」(堀江)

堀江 そこからどうやって鮨の方向に進んだの?
渡邉 大学を出てから、「ここへ行け」と言われるがままに、親父が鮨を納めているホテルに就職したんです。いまはもうないホテルですけどね。ここでとんでもなくいじめられたんです。
堀江 いじめって、どういう?
渡邉 いわゆる“しごき”です。昔ながらの、殴る蹴るは当たり前の世界ですよ。
堀江 だって、渡邉さんのほうが強いでしょ?
渡邉 もちろんそうですよ。でも、うちはお鮨納めてたんで、やり返せないですよ。
堀江 そうか。親のしがらみかー。
渡邉 いつでもやれましたけど、ぐっと我慢していましたね。
堀江 えらい!強いのに我慢できる男が一番強いんだよ。
渡邉 そう言っていただけるとホントにうれしいです。
堀江 えらいよ、だって、その気になれば秒殺でしょ?
渡邉 当たり前ですよ(笑)。そこで1年半勤めました。悔し涙だけ流しながら…。
堀江 よく辞められたね。
渡邉 うーん。いじめられて、いられなくなった、ってくらいいじめられました。
堀江 そこまで我慢するのがすごく強いなぁ。
渡邉 次に地元のホテルに就職して、ここはよかったです。
堀江 結婚式とかやるところか。
渡邉 そうです。披露宴で1日に1000人分とか作りますから、ここでは、”速さ“を覚えましたね~。
堀江 それはまた、桁違いな。
渡邉 で、27歳の頃にうちの配達員が辞めたタイミングで戻りました。ホントは甘い考えで、ロイヤルホストの店長になって、おいおいは経営陣に…なんて(笑)。
堀江 地元企業だからね…って、マジで甘いよ!

渡邊貴義
1977年、福岡県生まれ。北九州市戸畑にある、『照寿司』の三代目として生まれ、ホテルで働いたのち、28歳で店主となる。パフォーマンスも話題となってSNSでブレイク。日本全国、海外からも多くのフーディが訪れる。Instagramのフォロワーは21,000人を超え、ハッシュタグの「♯これが照寿司のやり方」と、眼光鋭く鮨を掲げるスタイルは、多くの鮨ポストでもコピーされる人気ぶり。

堀江貴文VS.鮨職人 鮨屋に修業は必要か?
気鋭の鮨職人たちは努力家であると共に、恐るべき戦略家だった―。2015年の「鮨屋に修業は不要」発言で、大きなハレーションを起こした堀江氏が、注目の鮨職人8人と対談。果たして鮨職人たちの答えは? 今までのグルメ本ではまったく明らかにならなかった、鮨屋の秘密が続々と明かされていきます。著者自身が「どの対談も本当に面白かった! 」と繰り返し語るほどで、鮨好きや鮨職人になりたい人が必読なのはもちろん、なにひとつ関係ない人でも楽しめること確実です。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でテリヤキをフォローしよう!

美食倶楽部入会はこちらから