TERIYAKI

2018年5月18日

グルメの宝庫 “博多”をTERIYAKI美食倶楽部が渡り歩く!一晩で博多の真髄に迫る!


TERIYAKI美食倶楽部が、博多で食べ歩きイベントを開催しました。1日目の夜は、博多の屋台やディープなお店を中心に全部で5軒周りました。果たしてどのようなお店を巡ったのでしょうか。全容をレポートします。

本当に食べるのが好きな人達の集まりである「TERIYAKI美食倶楽部」では、平日の夜に博多で食べ歩きを開催しますと言っても人が集まるからすごい。

1日目の夜は17時頃からスタート。最初の1軒目は、博多で絶大な人気を誇る『かわ屋』さんから。平日の17時だというのにカウンター席を中心にお客さんで賑わっています。今回はタイミングよく、カウンター席に座ることができました。目の前には、『かわ屋』名物の「とり皮」がたくさん乗せてあります。かなりフォトジェニック!

目の前で職人さんが一本ずつ丁寧に焼いてくれるのもいいですね。「とり皮」は、何本でも食べることができるほどの美味しい。1人で20本近く食べる人もいるそうだが、それも納得!

『かわ屋』さんで軽く食べた後に、天神の方へ移動。天神の屋台に17時ごろに行こうとしたのですが、まだお店は準備中。近くのバーで一杯飲んでから行こう!ということになり、探した挙句見つけたのが『インド料理店グローリー&バー』。インド料理店でバーなんて今まで聞いたことがない。店内に入ると、香ばしいスパイスの香り、確かにインド料理店。そこで、参加者で1人1杯ずつお酒を飲み今日のプランについて綿密に計画。

時間は、18時近くなり屋台の『玄海』へ。こちらでは、屋台で天ぷらを味わうことができるお店です。なんと、屋台ながらも、目の前で天ぷらを揚げている様子も見ることができるお店なんです。屋台なので、座れるのも最大10名程度。18時ごろにお店がオープンし、すぐに満席になる人気店です。

屋台というとラーメンのような手頃な価格で味わえるものをイメージすると思うのですが、なんと、福岡では、天ぷらも屋台価格で味わうことが出来るのです。8種類の盛り合わせが入って900円というなんとも驚くべき価格。しかも、安いだけでなく味もしっかり本格的。屋台で食べていることなんてすっかり忘れてしまうほどです。屋台で食べることの醍醐味は、お客さんと店主との距離が近いこと。福岡の美味しいお店の情報や何気ない話で盛り上がるのも屋台の醍醐味。

続いて、4店舗目に訪れたのは薬院を散歩していて偶然発見したお店【離島キッチン】。日本全体の離島の食文化を伝えたい!というコンセプトの元誕生した同店。夜になると素敵な雰囲気の入り口です。お店の前までいくと、そこも雰囲気が素晴らしくまさに離島に旅行しにきているようです。それぞれの離島の食材を使用した料理を味わうことできます。福岡店の今月の島は、長崎県・五島列島。五島列島のお酒や料理をしっかりと堪能して、次のお店へ向かいます。

最後に訪れたのは、薬院で全国の食通が最近訪れている人気居酒屋【つどい】です。ネットなどにはほとんど情報は出てないのですが、口コミを中心に人気を集めいます。

面白いのが、まずその立地。薬院の閑静な住宅街の路地裏にお店構える同店。福岡なディープな雰囲気を感じることができます。店内に入るとそこには、壁など、至る所に昭和時代の懐かしいものが沢山貼ってあります。雰囲気も非常に面白いのですが、メニューもなかなか個性があり、某カップ麺を無化調で真似た品が用意されています。赤いパッケージのうどんやカレー味のラーメンなど誰もが一度は食べたことがある品をかなり再現性高く真似ているのは、非常に面白いです。

TERIYAKI美食倶楽部では、全国の美味しいと評判のお店に会員同士で食べに行ったり、お店の情報を共有するなど「食」に特化したサロンです。ぜひ、入会して一緒に素敵な「食」を楽しみましょう。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でテリヤキをフォローしよう!

美食倶楽部入会はこちらから