TERIYAKI

2018年6月20日

〈TERIYAKI美食倶楽部〉素材を生かした現代的韓国料理【韓菜酒家 ほうば】


6月に開催された「TERIYAKI美食倶楽部」のオフ会は、大阪が誇る韓国料理の名店『韓菜酒家 ほうば』さんで開催されました。予約が全く取れないことでも有名な同店。今回は、個室にてTERIYAKI美食倶楽部のメンバーと楽しみました。果たしてどのような会になったのでしょうか。全容をレポートします。

大阪を代表する街、北新地の商業ビルの一角にお店を構えるのが、日本でも有数の韓国料理店『ほうば』です。旬の野菜や魚介類を中心に、美味しい韓国料理を味わうえるとあって、今では予約を取るのが非常に難しいお店のひとつです。

そんな韓国料理の名店『ほうば』では、コース料理の最初に15種類のナムルの盛り合わせからスタート。色鮮やかなナムルの盛り合わせは、どれも美味しく最初の一品目として最適な品。

(15種類のナムルの盛り合わせ)

ほうばのオーナーシェフである新井氏が持って来たのは、かなり大きい鮑。大きさのあまり、思わず美食倶楽部の会員も写真を撮ってしまいます。この鮑をどうように調理するのか、ワクワク感が堪りません。

(鮑)

料理として次に登場したのが、「トウモロコシとイタヤガイのチヂミ」と「フカヒレのチヂミ」の二種類。どちらも具がたくさん入った贅沢な一品。

(チヂミ)

先ほどの大きな鮑を使用した、リゾットが登場。完全にリゾットの米よりも鮑の方が多い贅沢な一品。

(鮑のリゾット)

スープメニューとしては、鴨を丸ごと煎じたスープが登場。鴨のエキスがたっぷりと入っていて、非常に美味しい。鴨の饅頭(餃子)も入っていて、鴨づくし。

(鴨スープの写真)

ここからは、肉のメニューが登場。奈良県産の馬肉を使用した「馬肉ユッケ」。韓国海苔と卵を混ぜて食べるこちらのメニューは素晴らしい美味しさ。

(馬肉ユッケ)

『ほうば』名物の「牛カルビの煮込み」が最後に登場。大根と茄子が一緒に入っており、肉も柔らかくて美味しいのはもちろんだが、大根と茄子にも味がしっかりと染み込んでいて、美味しい。裏メニューとして残ったスープを使って作るごはんは、これまた絶品。卵を乗せた状態だと写真映えもする。


(牛カルビの煮込み)

牛カルビの煮込みを食べてもまだ余力があるようだと登場するのが、冷麺。今回は、じゅん菜を使用した冷麺。さっぱりとした味わいでシメるにはちょうどいい一品。

(冷麺)

韓国料理をベースとしながら、イタリア料理の技術がいたるところに見ることができる。大阪の『ほうば』でしか味わうことができない、韓国料理は最高でした。

次回の『ほうば』での食事会は、10月を予定しております。ぜひ、「TERIYAKI美食倶楽部」に入会して一緒に食べに行きましょう!

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でテリヤキをフォローしよう!

美食倶楽部入会はこちらから