TERIYAKI

2018年11月23日

【TERIYAKI美食倶楽部】今勢いのある名店同士のスペシャルコラボ!「中国菜エスサワダ×しまなみフレンチ Murakami」


「TERIYAKI美食倶楽部」では、日々サロン会員限定で様々な食のオンラインイベントを開催中!会員になれば、通常ではありえない限定コラボ企画なども体験できるかもしれない。
本日は、先日開催された一晩限りのスペシャルコラボイベントの模様をお届けしたい。

その特別な会とは、オープンからわずか1年でミシュランの星を取得し3か月先の予約も困難といわれる大阪の人気中華料理店「中国菜エスサワダ 」と、オープンして1年で徐々に予約の取れないお店となってきているフレンチの店「しまなみフレンチMurakami」との異色のコラボ企画!

本物の中華を知る「中華菜エスサワダ」の大胆かつオリジナリティ溢れるメニューと、瀬戸内の新鮮な食材を使った繊細な仕上がりが印象的な「しまなみフレンチ Murakami」のメニューが組み合わさると一体どんな化学反応が起こるのか!?その内容を紹介していきたいと思う。

一品目はエスサワダの上海蟹の紹興酒漬けからスタート!5日間漬け込んだその身からは、じんわりと紹興酒のコクを感じることができる。

続いては、芸術的で繊細な飾りつけが印象的な、しまなみフレンチのキャビアとホタテの貝柱の煎餅。土台の白い部分は、カリフラワーのムースになっており、ルーコラのソースをからめていただくと、全体のバランスが素晴らしい。

エスサワダのフカヒレの白湯ソース煮込み。黄金色のスープが美しく、味わい深い一品。

瀬戸内魚島のアコウと松葉ガニ。白菜で包むお洒落な盛り付けが、しまなみフランチらしい。

徳島の伊勢海老 上湯は、エスサワダから。

身がぷりぷりで香り高く、伊勢海老の美味しさを堪能できる素晴らしい仕上がりとなっていた。

今治の黒アワビ。肝の部分でムースを作り、パイ包みにして仕立て上げる。
カシスを使ったマヨネーズのソースが爽やかなアクセントになっていて、なんとも美味。こちらはしまなみフレンチからの一品だ。

お次もしまなみフレンチによる、一皿。
フランス産の鴨肉に、バニラのような風味を感じるトンカ豆とバラのエッセンスを添えて。アルバ産の白トリュフとのハーモニーが芳醇で、柔らかな鴨のもも肉の味が濃い。優雅な後味も楽しめる印象的な仕上がり。

エスサワダによる、宮崎肉のサーロインと目玉焼きの豪華なトッピングの麻婆豆腐。卵黄を絡めながらいただく麻婆豆腐は珍しく、まったりとした卵の風味が辛さをマイルドに包んでくれる、食べ応え十分な一品だった。

最後はデザート。杏仁豆腐のアイスに黒蜜を添えて。エスサワダのロゴ入りの最中の間には、もっちりとした求肥とアイスが挟まれている。

杏仁豆腐の味も上品で、全体のバランスが秀逸。

色鮮やかでクリアな見た目が楽しいレモンの飴は、しまなみフレンチならではのデザート。中にはレモンクリームとホワイトチョコレートのクリームが閉じ込められており、まるでガラス細工のようなアートな一品。

テリヤキスト本郷義浩氏にも参加頂き、総勢18名での美食会となった今回のスペシャルコラボ企画。「中華菜エスサワダ」と「しまなみフレンチ Murakami」、お互いを尊重し両者を引き立て合う素晴らしいメニュー構成となっており、驚きと興奮に包まれた大盛況の会となった。

今後も「TERIYAKI美食倶楽部」では、サロン会員限定で様々なイベントを企画していく予定だ。「TERIYAKI美食倶楽部」に入会すればあなたも夢のようなスペシャルコラボ企画に立ち会えるかもしれない。私たちと一緒に美味しい料理に舌鼓を打ちにいきませんか?ぜひグルメな皆様の入会を待っています!

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でテリヤキをフォローしよう!

美食倶楽部入会はこちらから