TERIYAKI

2019年5月30日

バスクとイタリアンの料理を掛け合わせ!今話題のお店「TXOKO(チョコ)」でオフ会!


全国各地で毎日のように食事会を開催している「TERIYAKI美食倶楽部」のオフ会。今回は、2018年5月にオープンしたイタリアンのお店「TXOKO(チョコ)」にて開催しました。

関口シェフは、ペイン・サンセバスチャンの名店「Mugaritz(ムガリッツ)」で約2年ほど修業し、その後日本に帰国し「リストランテ・ヒロ」で15年研鑽を積まれ、青山本店で料理長にも抜擢される実力派シェフです。

店内に座るとそこにはメニューが置いてあり、一品につき一行だけというシンプルさ。店内は、カウンターが6席ほどでテーブル席が6名まで入るこじんまりとしたお店になっています。


(モルシージャとそら豆のパイ包み)


(新玉葱)


(山菜)


(ときしらず)


(花ズッキーニ)

(グリーンピース)


(熟成牛ロース)


(ヤングコーン)


(小夏のシャーベット)


(チーズケーキ)

〝TXOKO〞とは、スペイン・バスク地方の言葉で、仲間同士が新鮮な食材を持ち寄り調理する社交場という意味。

全体的に料理は、日本の食材でスペインやイタリア料理を提供してくれます。シンプルながらも、どれもしっかりと食材を生かした料理の数々でした。店内の雰囲気もアットホームな感じで居心地もよく、ゆっくりと食事をすることができます。今でもかなりの人気店ですが、ますます人気が加速する気がします。訪れるなら早めに行くことをオススメします。

【TERIYAKI美食倶楽部】
グルメアプリTERIYAKIが運営する人数限定の会員制グルメコミュニティです。都内に限らず全国各地へ、予約を取ることが難しいお店や美味しいと話題のお店に会員の方と一緒に食べに行くイベントを開催しております。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でテリヤキをフォローしよう!

美食倶楽部入会はこちらから