TERIYAKI

2020年3月16日

【港区グルメ】こだわりの肉と創作性のある品々で生産者と食べ手を繋げる西麻布の名店【西麻布けんしろう】


【港区グルメ】こだわりの肉と創作性のある品々で生産者と食べ手を繋げる西麻布の名店【西麻布けんしろう】

こんにちは!TERIYAKI編集部です!本日、TERIYAKI編集部がご紹介するのは和モダンな雰囲気が特徴的な東京・西麻布にお店を構える肉料理店『西麻布けんしろう』。日本人の「おもてなしの心」をテーマにした空間とはどのようなもので、一体どのような料理を味わうことができるのでしょうか。早速、TERIYAKI編集部が訪れてきました。

 

*TERIYAKIは、東京・大阪をはじめ、全国各地の”絶対に外さない”美味しいお店を検索できるグルメサービスです。まだ世に広まっていない隠れ名店から、グルメな方であれば絶対に訪れるべき名店まで厳選してご紹介しております。

TERIYAKIのHPはこちら▷https://teriyaki.me/

iOSのダウンロードはこちら▷https://apple.co/2L50kLB

Androidのダウンロードはこちら▷http://bit.ly/2R5kTdx

 

【生産者とお客を「食」で繋ぐ

東京・西麻布にお店を構える肉料理の名店『西麻布けんしろう』。牛肉に精通した料理長、近重氏が生産者とお客を「食」という形で繋ぎ、日々進化を続けています。食材の品質はもちろんのこと、旬ごとに合わせた食材を用い、素敵な品々を味わうことができます。また店内は完全個室である為、プライベートでの食事はもちろんのこと、会食などでも利用することができます。本日は不定期で開催される特別コースを堪能させて頂きました。

 

【生肉をメインとした至極の一品ばかり

本日頂くコースは生肉をメインとしており、「サーロインの生肉」から始まり、どれもこれも絶品ばかり。写真にあるのは、北海道産の生雲丹が乗せられた「ドッグ」です。こんなに贅沢なドッグがあっていいのか!というほど美味しく、口へ入れた瞬間に雲丹も肉もとろけます。すると、不思議と笑顔も溢れ、スタートから大満足の内容になっています。その後、焼きの肉もいくつか挟み、瞬間燻製され、低温調理がなされた名物の「けんしろう焼き」もゆっくり味わうことができました。

 

【締めは究極の TKG!ふんだんに牛節をかける!

その後、お口直しの「氷菓子」や「カツサンド」を堪能し、いよいよ締めの時間に。すると、大きな黒い塊と鉋(カンナ)が運ばれてきました。なんとこれ「牛節」とのこと。目の前で手際よく削り、最初に味見を。香り高く、ジャーキーのような味わいも感じられます。それを生肉の乗った卵かけご飯の上に大胆と乗せ、完成。これまで食べたことないような味わいに驚くこと間違いないでしょう。

 

いかがでしょうか。西麻布にお店を構えるこちらのお店では、驚くほど美味しい品々に出会うことができます。また完全個室である為、様々なシチュエーションで使用することができますね。ぜひこの機会に、皆さんも訪れてみてはいかがでしょうか。

 

毎日全国でグルメオフ会を開催するTERIYAKI美食倶楽部

グルメアプリTERIYAKIが運営する人数限定の会員制グルメコミュニティです。都内に限らず全国各地へ、予約を取ることが難しいお店や美味しいと話題のお店に会員の方と一緒に食べに行くイベントを開催しております。今後は、日本はもちろん、世界各国の美味しい料理を食べに世界のさまざな場所でイベントを開催します!

TERIYAKI美食倶楽部の入会ページ▷https://lounge.dmm.com/detail/692/

 

毎日グルメな情報をSNSでも更新しています!

Twitter:https://twitter.com/teriyaki_tweet

Instagram:https://www.instagram.com/teriyaki_jp

Facebook:https://www.facebook.com/gourmet.teriyaki/

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でテリヤキをフォローしよう!

美食倶楽部入会はこちらから