TERIYAKI

2020年10月1日

【中央区グルメ】八丁堀にてひっそりと佇む隠れ家的レストラン。素材の良さを感じるフレンチと、遊び心のある一品を。【CHIC peut-etre】


【中央区グルメ】八丁堀にてひっそりと佇む隠れ家的レストラン。素材の良さを感じるフレンチと、遊び心のある一品を。【CHIC peut-etre】

こんにちは。TERIYAKI編集部です。

本日ご紹介するテリヤキ掲載店は、東京・八丁堀にひっそりと佇む隠れ家的レストラン『CHIC peut-etre』。同店ではフランス料理と厳選されたワインを心地よい雰囲気のもと、楽しむことができるとのこと。オープンしたのは今年の8月ですが、以前にもここには同様のお店があったとか。こじんまりとした空間で楽しむことができる隠れ家的レストランでは、どのような料理を味わうことができるのか。早速、TERIYAKI編集部が訪れて来ました。

TERIYAKI編集部の記事はこちら▷https://teriyaki.me/articles/6996


*TERIYAKIは、東京・大阪をはじめ、全国各地の”絶対に外さない”美味しいお店を検索できるグルメサービスです。まだ世に広まっていない隠れ名店から、グルメな方であれば絶対に訪れるべき名店まで厳選してご紹介しております。

TERIYAKIのHPはこちら▷https://teriyaki.me/

iOSのダウンロードはこちら▷https://apple.co/2L50kLB

Androidのダウンロードはこちら▷http://bit.ly/2R5kTdx

【第3章が開かれた。ひっそりと佇む隠れ家的レストラン。】

八丁堀駅から徒歩5分ほどの閑静なエリアにひっそりと佇む隠れ家的レストラン『CHIC peut-etre』。実はこちらのお店では同じ場所で開かれるのが、3度目とのこと。1度目にこちらのお店で腕を振るったのは、東京・広尾で人気を集めるフレンチの名店『Ode』の生井さん。2度目は店名を『stessoeMagariCHIC』として変更して、イタリアンを。そして、この第3章では、『CHICpeut-etre』に戻し、元エスキスやアジルで活躍をされていた村島さんが腕を振るっています。

【素材を知り作りあげられた逸品

素材を知り大切に作り上げられたフランス料理に加え、遊び心のある料理まで楽しむことができる『CHICpeut-etre』。この日は、北海道産とうもろこしであるホワイトショコラを使用したムースからスタートし、ハマグリのお出汁のフランとツブ貝、北海道から取り寄せたリードヴォーとアミガサダケなど、さまざまな料理を堪能。もちろんどれも味わい深く、非常に記憶に残る品ばかりでした。

【斬新さと、遊び心を感じられる一品

そしてメインは近江牛を使用したハンバーガー。フレンチのメインでハンバーガーというのはなかなか遊び心があり、斬新さを感じられるでしょう。私自身、フレンチでハンバーガーを今まで食べたことがなかったので、こういう風な形でメインを楽しむというのは、新しい試みでかなり良かったです。このハンバーガーは定番化してほしい!

いかがでしょうか、『CHICpeut-etre』では、こじんまりとした隠れ家的レストランにて、素材の良さを感じられるフレンチと、遊び心満載の品々を楽しむことができます。ワインなど、食後酒なども幅広く楽しめるので、ぜひこの機会にTERIYAKI美食倶楽部へ入会して、一緒に訪れてみませんか?

毎日全国でグルメオフ会を開催するTERIYAKI美食倶楽部


グルメアプリTERIYAKIが運営する人数限定の会員制グルメコミュニティです。都内に限らず全国各地へ、予約を取ることが難しいお店や美味しいと話題のお店に会員の方と一緒に食べに行くイベントを開催しております。今後は、日本はもちろん、世界各国の美味しい料理を食べに世界のさまざな場所でイベントを開催します!

TERIYAKI美食倶楽部の入会ページ▷https://lounge.dmm.com/detail/692/

毎日グルメな情報をSNSでも更新しています!

Twitter:https://twitter.com/teriyaki_tweet

Instagram:https://www.instagram.com/teriyaki_jp

Facebook:https://www.facebook.com/gourmet.teriyaki/

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でテリヤキをフォローしよう!

美食倶楽部入会はこちらから