TERIYAKI

2020年10月29日

【港区グルメ】韓国スタイル×フレンチ技法を取り入れた赤坂の隠れ家的焼肉店【焼肉 思食】


【港区グルメ】韓国スタイル×フレンチ技法を取り入れた赤坂の隠れ家的焼肉店【焼肉 思食】

こんにちは。TERIYAKI運営事務局です。

本日ご紹介するCOLUMNは先日開催した、TERIYAKI美食倶楽部オフ会の内容となっております!開催場所は、今年の6月にまだオープンしたばかりの新店舗『焼肉 思食(オボシメシ)』です。コース仕立ての焼肉となっており、韓国料理のテイストやフレンチの技法なども感じられるとあって、フーディーの間でも密かに注目を集めています。実際にはどのような料理を味わうことができるとか。早速、TERIYAKI美食倶楽部で訪れて来ました!

TERIYAKI編集部の記事はこちら▷https://teriyaki.me/articles/7055


*TERIYAKIは、東京・大阪をはじめ、全国各地の”絶対に外さない”美味しいお店を検索できるグルメサービスです。まだ世に広まっていない隠れ名店から、グルメな方であれば絶対に訪れるべき名店まで厳選してご紹介しております。

TERIYAKIのHPはこちら▷https://teriyaki.me/

iOSのダウンロードはこちら▷https://apple.co/2L50kLB

Androidのダウンロードはこちら▷http://bit.ly/2R5kTdx

【隠れ家的一軒家レストランで、極上の焼肉を。】

東京、赤坂にお店を構える焼肉店『焼肉 思食(オボシメシ)』。赤坂見附から歩いて3分ほどの場所にある為、アクセスは非常に良い様子。暗い色合いを中心にシックな外観であり、お洒落な一軒家レストランとなっています。場所も比較的わかりづらいので、ちょっとした隠れ家感があります。店内は1階からカウンター、2階が完全個室、3階がVIP ROOMとなっているとのこと。それぞれのシチュエーションに合わせた使い方が出来そうですね。

【韓国スタイル×フランス料理の技法

こちらのお店では、店長として焼肉のスペシャリスト、柳野友明氏。シェフとして『ロオジエ』や『帝国ホテル』で腕を振るった青木誠氏が務めています。そんな彼らが提供するコースは、韓国料理スタイルを中心に、フランス料理の技法をしっかりと活かした素晴らしい品々ばかりでした。単調な流れではなく、随所に工夫が散りばめられているので、最後まで飽きることなく、美味しく味わうことができます。

【思い出に残る食事の時間

『焼肉 思食(オボシメシ)』には、”思い出に残る食事の時間”を体験して欲しいとの想いが込められているとのこと。その為、記憶に残る品々はもちろんのこと、素晴らしいサービスなど全体を通して、見事な食体験を楽しむことができます。メインの肉以外にもお米やおかずも一流の食材を用いており、それを見事に記憶に残る一品へと変化させています。

いかがでしょうか、『焼肉 思食(オボシメシ)』では、これまでとは少し異なるスタイルで焼肉を楽しむことができます。ここで過ごした経験は必ずあなたの記憶に良い思い出として残ることでしょう。ぜひTERIYAKI美食倶楽部にも入会して、ここだけの食体験を一緒にしてみませんか?

毎日全国でグルメオフ会を開催するTERIYAKI美食倶楽部


グルメアプリTERIYAKIが運営する人数限定の会員制グルメコミュニティです。都内に限らず全国各地へ、予約を取ることが難しいお店や美味しいと話題のお店に会員の方と一緒に食べに行くイベントを開催しております。今後は、日本はもちろん、世界各国の美味しい料理を食べに世界のさまざな場所でイベントを開催します!

TERIYAKI美食倶楽部の入会ページ▷https://lounge.dmm.com/detail/692/

毎日グルメな情報をSNSでも更新しています!

Twitter:https://twitter.com/teriyaki_tweet

Instagram:https://www.instagram.com/teriyaki_jp

Facebook:https://www.facebook.com/gourmet.teriyaki/

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でテリヤキをフォローしよう!

美食倶楽部入会はこちらから