TERIYAKI

2017年11月10日

第二弾食べ歩きは「浅草」開催!果たして1日何軒食べ歩けるのか?


テリヤキスト堀江貴文さんが年に数回開催している「1日に10軒食べ歩き」イベントを美食倶楽部でも再現。今回は「浅草」を舞台に夕方から夜までひたすら食べ歩き。今回はどんなお店に訪れるのか?果たしてどれだけ食べることができるのか?美食倶楽部の食べっぷりをご覧ください!!

1軒目フレンチ出身のシェフが作るカレーパン『豊福』


台風が上陸すると同時に16時に浅草に集合。1軒目に訪れたのは、テリヤキスト堀江貴文さんが浅草でオススメのカレーパン屋『豊福』。フレンチ出身のシェフが添加物を使用せずにオリジナルスパイスや独自の製法で作るカレーパン。出来立ての状態で提供してくれるため、外はカリッと中はふっくらとした食感が魅力的。中に入ってるルーは、オリジナルのスパイスで味付けされており、少しピリ辛でまろやかさのある味付けが最高でした。

2軒目 テリヤキ掲載店の居酒屋『三幸』へ


今回の食べ歩きの目玉であるふぐ料理店『牧野』の予約が17時から。16時に集合し、カレーパンを食べ終えた一行はまだ40分近く時間があるため、近くにあったテリヤキ掲載店の『三幸』へ。ホッピー通りにある同店では、「クジラベーコン」など酒のつまみになる料理がたくさんあります。メインのお店の前に、軽く一杯というのもいいですね!


3軒目 テリヤキスト3名が推薦のふぐ料理店『牧野』


牧野』で予約した時間になったので、念願のふぐ料理店へ。こちらでは、「ふぐ刺し」「焼きふぐ」「毛蟹大根鍋」「河豚の煮こごり」といったこれから寒い時期にピッタリの料理です。焼きふぐでは、店員さんがその場で焼いてくれるので、一番美味しいところで食べることができます。テリヤキスト堀江貴文さんが推していた「毛蟹大根鍋」は、白味噌とバターのスープとカットされた大根、さらに丸ごと一匹毛蟹が入っています。毛蟹が丸ごと入っているのでインパクトがすごいので、写真映え必須です!



4軒目 本場スペインを感じることができる『Amets(アメッツ)』


4軒目に訪れたのは、スペイン料理『Amets(アメッツ)』。テリヤキストが4名推薦しているお店だけあり、味のクオリティは抜群でした。今回は、「エビのアヒージョ」「白イカソテー バスク流」「ヤギチーズのサラダ」を頂きました。「エビのアヒージョ」は、グツグツに煮込んだガーリックオイルに1匹まるごと大きなエビが入っています。アヒージョに入ってるエビでここまで大きいのはみたことがない。「ヤギチーズのサラダ」は、同店でも人気の商品。表面をカリカリに焼いたヤギチーズのサラダ仕立て。濃厚で独特な旨味があるチーズとサラダがよく合います。


5軒目 圧倒的な品揃えを誇る老舗バー『ねも』


5軒目に訪れたのが、テリヤキスト堀江貴文さんが浅草に行くならここに行って欲しいと太鼓判を推していたバー『ねも』。多分日本、いや世界でもトップクラスの所蔵酒を持っている同店。その本数は驚くことになんと13,000本以上という驚き。バーというとどこか店内が暗く、静かな空間で飲むのが当たり前といった雰囲気があるが、ここは違う。バーテンが客をもてなさなければいけない。というオーナーの意向から、非常に流暢な会話が始まり、素敵な声と飽きの来ない話ネタに数時間でも聞くことができるほど。料理も充実しており、ただお酒だけを置いてるお店とは大違い。必ず素敵な体験ができること間違いなし。浅草に来たらぜひ、一度は訪れて頂きたいお店です。


6軒目 本場タイの味を味わえる『JIMJUM(ジムジュム)』


6店舗目に訪れたのは、『JIMJUM(ジムジュム)』。浅草の中心部に位置する同店は、ビルの2階に位置しています。店内は、10名定員ほどのこじんまりとしたお店。店主の女性が一人で切り盛りされています。こちらで注文したのは、「マッサマンカレー」「トートマンプラー」。同店の「マッサマンカレー」は、全国のカレー好きが集まるカレー情報サイトで2015年度1位のを獲得した逸品です。マッサマンカレーとは、じゃがいもと鶏肉をほろほろ煮込んだタイカレーの一種です。

美食倶楽部に入会して一緒に食べに行こう!


テリヤキ株式会社が運営するテリヤキ美食倶楽部では、月に1回-2回ほど1日中ひたすら食べ歩くイベントを開催しています。食べるのが好きなメンバーが集まるからこそ、できるイベントです。ぜひ、入会して一緒に食べ歩きに行きましょう!

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でテリヤキをフォローしよう!

The following two tabs change content below.
テリヤキ編集部

テリヤキ編集部

テリヤキ編集部のスタッフがテリヤキ掲載店に足を運びレポートします☆
美食倶楽部入会はこちらから