TERIYAKI

2018年1月13日

2017年に彗星の如く現れた中国料理店【茶禅華】


12月末に開催された、テリヤキ美食倶楽部のオフ会。2017年最後に開催されたお店は、南麻布にお店を構える中華料理店【茶禅華】です。大使館が数多く立ち並ぶ、落ち着いた雰囲気の街に2017年2月にオープンした新店です。2017年の中華料理界の中でも話題を集めた同店では、どのような食事を楽しむことができるのでしょうか。全容をレポートします。

2017年話題の中国料理店【茶禅華(サゼンカ)】


2017年2月、南麻布の大使館が多く立ち並ぶ一角にお店をオープンさせた、一軒家の中国料理店【茶禅華(サゼンカ)】。同店のシェフである、川田シェフは西麻布の中国料理店【麻布長江】で中国料理を学び、その後和食の最高峰と名高い【日本料理 龍吟】にて日本料理を学んだ経歴を持つ。そのため、提供される料理は、日本の食材を使用した新しい中国料理を堪能することができる。

スペシャリテは「鳩の炭火焼き」


【茶禅華】のスペシャリテは、「鳩の炭火焼き」だ。写真を見ただけでは、中国料理とはイメージしがたく、フレンチや現代北欧料理と見間違えるほど。そんな、新しい中国料理を提供してくれる同店ならではの一品と言ってもいいだろう。使用する鳩は、茨城県産の窒息鳩を使用しています。とくにモモ肉は、鳩が苦手な方でも絶対に食べることができると言ってもいいほどに、独特の臭みなどが一切ないのが特徴だ。この一品を食べると間違いなく「鳩」に対する概念が大きく変わることだろう。

「お茶」に特化したペアリング


料理に合わせるペアリングは、ワインや日本酒、紹興酒といったアルコールはもちろんのこと、お酒が苦手な方でも楽しめるようにと、中国茶や日本茶を使用し、様々な産地のお茶を一杯ずつ違った提供方法で合わせてくれる。提供されるお茶のペアリングは、どれも同店でしか味わうことができないほどに、全てにおいてクオリティが高くなるものばかりだ。


美食倶楽部メンバー募集中!


テリヤキ株式会社が運営するオンラインサロン「TERIYAKI美食倶楽部」では、テリヤキ編集部が運営する食事会やサロンメンバーによるオフ会など「食」に興味がある人に必見のコミュニティになっています。ぜひ、入会をして一緒に美味しい料理を食べにいきましょう。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でテリヤキをフォローしよう!

The following two tabs change content below.
テリヤキ編集部

テリヤキ編集部

テリヤキ編集部のスタッフがテリヤキ掲載店に足を運びレポートします☆
美食倶楽部入会はこちらから