TERIYAKI

2018年6月6日

圧倒的なパフォーマンス力と極上のネタ、新時代の寿司屋『照寿司』


6月に開催された「TERIYAKI美食倶楽部」のオフ会は、いま話題沸騰中の寿司屋『照寿司』さんで開催されました。大将の渡邉氏のパフォーマンス力や極上のネタを使用した料理の数々で人気を集めています。北九州・戸畑という立地でありながらも全国の食通がこぞって集まる人気店。果たして、どのような会になったのでしょうか。全容をレポートします。

TERIYAKI美食倶楽部のイベントとして『照寿司』に訪れるのは今回が2回目。2階にあるカウンター席に案内されると、目の前には今話題沸騰中の照寿司の大将、渡邉氏がお出迎えしてくれます。

(照寿司特製のお箸)

最初の一品目として登場するのが、山口産のウニ。非常に濃厚な味わい。見た目のインパクトもすごいです。

(山口県産 ウニ)

ワタリガニのカボス漬けでは、カボスの香りによって臭みを消してくれます。ワタリガニの濃厚な旨味だけを味わことができる一品。

(ワタリガニのカボス漬け)

鱧をフリットにしたものの上にウニを乗せた豪快な一品。フリットの温度感も素晴らしいです。

(鱧のフリット ウニ)

続いて登場したのが、クエをかなり厚切りにしたもの。歯ごたえもよく、ボリュームも満点。クエの旨味を思う存分味わうことができます。

(クエ)

アワビの大きさも驚くほどの大きさ。濃厚な肝ソースに付けて食べると磯の香りとアワビを堪能できます。残った肝ソースには、シャリを足して食べるのだがこれが絶妙に美味い。

(アワビ)

名物「鰻バーガー」は、渡し方も例のポーズ。シャリを分厚い鰻で挟むという今まで類を見ない一品。

(鰻バーガー)

白子も海苔で挟んで登場。これまたボリューム感がすごい。

(白子)

ウニとイカを重ねて一つの握りで。

(ウニ イカ)

世の中の大半のお寿司屋さんは、海老1匹だけ出てくるのが当たり前ですが、照寿司では3匹セットが当たり前。通称「車海老ホットドッグ」。この豪快さは凄すぎます。

(車海老ホットドッグ)

シャコもこれまたでかい。非常に濃厚で旨味をしっかりと感じられます。

(シャコ)

握りの最後に登場したのが、マグロのトロ。今回は、沖縄県産のマグロを使用。こんなに大きなマグロを片手で持ち、ポーズまで決められる大将さすがです。トロは1人2貫。これまた、口の中でゆっくりと溶けていきます。最後の方でお腹がかなりいっぱいでしたが、ぺろっと食べきれるほどの美味しさです。

(沖縄県産マグロ トロ)

北九州・戸畑というお世辞でも立地がいいとは言えない場所ながら、かなり本格的なお寿司を味わうことができる。『照寿司』が話題になったのも、SNSを駆使して自分たちのポジションを作りあげたという事もある。それが功を奏して、今では全体の約2割は海外からのお客さんという。今後、更なる飛躍をすること間違いない『照寿司』。現代が生み出した新時代のお寿司屋です。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でテリヤキをフォローしよう!

美食倶楽部入会はこちらから