TERIYAKI

2019年3月4日

神奈川最高峰の高級焼鳥屋『里葉亭(りばてい)』


横浜中区にある焼鳥屋の『里葉亭(りばてい)』
創業から70年以上経っている老舗で、現在は3代目が先代の味と心意気を継いでいます。

コースは「おまかせコース」のみ。
メニューを開いてもドリンクしか記載がありません。
お酒は、十四代・黒龍などの希少銘柄の純米吟醸や純米大吟醸も揃えてあります。

高額なだけあって、上質な肉を堪能できます。
肉厚でジューシーな焼鳥にきっと満足できるはず!
17品目程出てきますから、ボリュームも満点。

お店は中区の福富町仲通にあります。
結構ディープなエリアだったりします(笑)

外観は割烹料理屋のような佇まい。
昭和感が漂っていて、なんだか懐かしい感じの雰囲気です。

老舗というととても厳しいイメージを持っておりましたが、
みんなのびのびと働いているという印象を受けました。

「仕事を円滑に進めるため、和やかでのびのび働ける環境であるべき」というのが、
3代目のポリシーなんだとか!
先代の味や心意気を引き継ぎつつ、時代にマッチさせるという柔軟さも一流そのもの。

居心地の良い空間づくりを徹底しているという印象を受けました。

それでは料理の一部をご紹介しちゃいます!

(皮)
まずはから。
肉厚でジューシー!
噛む度にじゅわ~っと肉汁が溢れてきます。
結構弾力があります。


(手羽先のから揚げ)
次は唐揚げ
表面がカリカリで身がふっくらな手羽先のから揚げ。
文句なしの美味しさ!

おまかせのお店で手羽先のから揚げが出るのは結構珍しいと思う。
思わずお酒が進んでしまう。


(ハツ)
続いてハツ
ぷりぷりでジューシー!
生姜が効いてます。

旨味が効いていてめちゃくちゃ美味しい!


(牛タンのデミグラスソース煮)
牛タンのデミグラスソース煮が出てきました。
深いコクがあります。


(せせり)
これはせせり。
素材・火入れ共に絶妙で美味しい。
お代わりしたいくらい。


(銀杏)
こっちは銀杏
ホクホクの銀杏です。
ついついお酒が進みます。

お肉の合間にこういうサッパリしたのが出るのは結構嬉しいかも。


(ちょうちん)
ちょうちん
卵黄がかなりの弾力あります。
噛むと弾力が凄いです!


(ちょうちん 串)
串も出ててきました。
噛むと弾ける卵黄が美味しかった。


(白レバー)
白レバー
旨味があり、柔らかくて香りも良いです。
そして臭みは一切なし!

かなりハイレベルな一品です。


(ピーマン)
ピーマン
何気にびっくりしたのがこのピーマン。
甘いんです。
ピーマン嫌いでも食べられそうな感じ。ピーマン特有の旨味も感じられて美味しいですね。


(和牛のタン)
和牛のタン
有名な焼肉屋さんレベル。
結構厚めなんだけど柔らかくて食べやすい。


大山どりもも肉
ジューシーで柔らかなもも肉です。
ちょこんと乗せられた生姜との相性はバッチリ!

いかがでしたでしょうか?
紹介しきれない料理もありますが、質・ボリューム共に大満足!
レバーのようなクセがある肉でも臭みが無いのは本当に驚きでした。
神奈川に来た時は是非また行きたいお店だなと感じました。

TERIYAKI美食倶楽部のオンラインサロンに入会すると、
『里葉亭(りばてい)』のような名店にも行けちゃうかもしれませんよ。

TERIYAKI美食倶楽部のオンラインサロンとは?
Facebookを使用した秘密のコミュミティサロンです。
我こそは美食家である!という方や、一緒に名店巡りをする仲間が欲しい方、
グルメについて熱く語らいたい方にお勧めです!

隠れた名店や驚きのアレンジレシピなど、あっと驚くような情報が手に入る事もあります。

日本全国で毎日のようにオフ会が開かれていますので、
名店巡りをするうちに語らう仲間が増えるなんてこともあります。

今まで予約が取れなくて諦めていたお店や、馬主や会員である事などの特別な条件をクリアしないと入れないお店にもいくチャンスがあります。

注目はメインルームで開催されるオフ会。
行先は会員様のリクエストを参考に決められているため、毎回かなり盛り上がります。

是非入会して、行ってみたいお店をリクエストしてみてくださいね!

今後もイベントを沢山催す予定です。
日本を飛び出し、海外で開催するのもアリだなと検討されていたりもします。

私たちと一緒に、日本全国の絶品グルメを一緒に堪能しに行きましょう!
グルメな皆様のご入会をお待ちしております!

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でテリヤキをフォローしよう!

美食倶楽部入会はこちらから